「勉強垢」が流行しているのは自分を隠して勉強の話が呟けるから?

a1380_000098

 

 

いつものようにネットニュースサイトを巡回していたら、J-castさんにこんな記事が載ってました。

 

 

女子高生はなぜ答案用紙や自筆ノートを晒すのか SNSに増殖している「勉強垢」

 

もうすぐ受験シーズン。ツイッターやインスタグラムでは志望校に合格するため、成績を上げるための「勉強垢」が大量に作られ、盛り上がりを見せている。「垢」というのはアカウントを示すネット上のスラングだ。

ここでは勉強の進行状況を報告したり、学校のテストの結果を写真で公開したりしながら、ネット上の勉強仲間とつながっている。この「勉強垢」、盛り上がるきっかけになったのが学習管理SNS「Studyplus」で、今や会員は200万人を突破し、高校生3年生の3人に1人が利用している。特に女子高生に大人気なのだという。

 

女子高生はなぜ答案用紙や自筆ノートを晒すのか SNSに増殖している「勉強垢」
もうすぐ受験シーズン。ツイッターやインスタグラムでは志望校に合格するため、成績を上げるための「勉強垢」が大量に作られ、盛り上がりを見せている。「垢」というのはアカウントを示すネット上のスラングだ。ここでは勉強の進行状況を報告したり、学校のテストの結果を写真で公開したりしながら、ネット上の勉強仲間とつながっている。

 

要はツイッターやインスタグラムで、勉強垢と呼ばれるアカウントがたくさん作られ、そこで自分の勉強したことや勉強時間を公開するのが学生のトレンドになっているとのこと。

 

ではなぜこの勉強垢が流行っているのでしょうか?

 

スポンサーリンク

勉強垢が流行っている理由は自慢したいから

 

日本人って、勉強や努力していることを身近な人に知られるのを嫌がります。

 

例えば徹夜で勉強しても学校に行ってリアル友人に

 

「勉強した?」

 

と聞かれたら、

 

「全然」

 

と答えるのが普通ですよね。

 

勉強や努力することは尊いと思っているくせに、いざ自分がそれをしていることを知られるのは恥ずかしい。

ホント変わっています。

 

でもその一方、どこかで自分が勉強したり、努力したりしていることを誰かに知って欲しい。

しかしリアルの人に知られるのは嫌。

 

だから勉強垢が流行っているのでしょう。

 

匿名性がある程度担保できているので、勉強していることをどんどん投稿してもリアル友人に知られる可能性は限りなくゼロに近い。

そのため恥ずかしさがない。

 

だから勉強したことをいくらでも自慢できる。

これが流行っている理由だと思います。

 

日本人の気質にあった良いアイデアですよね。

 

でもその一方、勉強したり努力したりすることを隠したがる日本人の気質はいい加減変えた方がいいとも思いますわ。

 

欧米では自分が頑張ったことを公開するのが当たり前。

そして頑張った人を賞賛する雰囲気があります。

 

せっかく日本も西洋化しているのですから、そういう欧米人の気質も一緒に導入すればよかったのにと思わずにはいられません。

 

まあその点に関してはまだまだ日本は過渡期かもしれないので、無理する必要はないのかも。

 

スポンサーリンク

社会人も積極的に利用すべき

 

勉強垢の話に戻しますけど、これって学生に限らず、資格の勉強をしている社会人にもモチベーションを維持するのに効果的だと思います。

 

実際J-CASTさんの記事にも社会人の利用者がいることがしっかりと記載されていましたし。

 

我々のように40代にもなると、勉強したり努力したりすることに恥ずかしさを覚えるようなことはあまりありませんが、モチベーション維持のために利用してみるのもいいのでは?と思います。

 

また勉強垢を通じて、同じ資格の勉強をしている人と知り合う切っ掛けになるかもしれませんしね。

 

やっぱり勉強でもスポーツでも張り合う相手がいると、負けん気が出て一生懸命頑張る傾向にあります。

 

勉強垢はそのためにモッテコイのツールになります。

これは利用しない手はありません。

 

スポンサーリンク

勉強垢の注意点

 

勉強垢を使うのは身バレせずに自慢することです。

そのため勉強垢を使う場合は、通常自分が使っている垢と間違えないように注意しましょう。

 

せっかく勉強垢作ったのに、身バレしたら意味ありませんからね。