【大河ドラマ】真田丸第48話「引鉄」を視聴した感想(ネタバレあり) 「想定外の事態の連続が戦を早める」

スポンサーリンク

感想(ネタバレを含みます)

 

 

前回和睦となった大坂方と徳川家。

 

でもそんなこと関係無いと言わんばかりに、幸村の指示で家康の本陣を夜襲。

そうすればこれに慌てた家康は京都まで陣を引くかもしれない。

 

こう考えた幸村は織田有楽の前でこの策を披露しますが、当然徳川家と繋がっている織田有楽はこの情報を家康のご注進します。

 

この情報により幸村の裏をかいて撤退する期日を早めますけど、これこそが幸村が狙っていたもの。

 

幸村は家康を暗殺するため佐助を派遣しますが果たしてどうなるか?

 

また幸村はこの機会をとらえ、織田有楽を大坂城から追放することに成功します。

 

獅子身中の虫を潰してようやく大坂方も一枚岩になれそうです。

 

ずっと有楽が邪魔をして、大坂方はチャンスを潰してきましたから。

 

 

スポンサーリンク

秀頼と共に戦の後のことを考える

 

同じころ、家康を襲う佐助。

そして見事家康を暗殺、と思ったら佐助が殺したのは影武者でした。

まあそうですよね。

家康ほどの人物ならば、影武者がいてもおかしくはありませんから。

 

 

徳川勢が撤退したことで一時的に平和な時代がやってきますが、その間に大坂方は戦備を整います。

 

どっかのアホのせいで不利な条件で締結された和睦。

その和睦によって大坂城の防備はほぼなくなりました。

 

そのため大坂方は大坂城の城外に要害を設けて、そこで迎え撃つ準備を整います。

 

幸村のすることは自分が責任を持つ。

 

また大野治長が安請け合いしますけど、今回はしっかりとやるみたいで、目の上のたん瘤だった自分の母である大蔵卿局の排除に成功します。

 

その一方、幸村は戦いの後まで考え始めます。

 

それは秀頼が大坂城を退去すること

 

秀頼が大坂城という天下の名城に籠っていることが火種になる、幸村はそう考えているようです。

 

そのため幸村と秀頼は四国への転封を考えます。

 

四国の讃岐と阿波、それに土佐と伊予。

この4か国への転封を認めさせる。

これが幸村の目標となるようです。

 

スポンサーリンク

兄信之との最後の会合

 

時間を割いた幸村が大坂城外で信之の2人の息子、つまり幸村の甥と初対面します。

 

敵味方として戦った同士、わだかまりがあると思いますがそれを表に出しません。

 

幸村は三十郎と義理の兄である小山田茂誠と談笑している間、幸村の息子の大助は信吉と信政と親睦を結ぼうとしますが、信政は家康に歯向かう幸村と大助を罵ります。

こいつ人望なさそうですね。

単純すぎるというか何というか。

 

大坂城に帰ってきた幸村と大助。

二人が城外に行っている間に真田一家は庭で畑を作っていましたが、その畑は昔千利休の茶室があったところ。

そこから馬上筒という鉄砲が見つけます。

幸村はホント運がいい。

これって絶対後で役立つことになりそうですね。

 

スポンサーリンク

大坂方と徳川方との再戦が迫る

 

ただ良いことばかりではありません。

時間が経過するにつれて

大坂城の備蓄がどんどん無くなっていきます。

 

そして事件が。

 

これにより少なくなった備蓄を放出しなければいけない事態に。

 

幸村の本音は、茶臼山と岡山の要害が完成するまで徳川勢と戦わないこと

 

しかし浪人たちは貰った金で武器を買ってしまい、徳川勢に戦の口実を与えてしまいます。

 

さらに大野治長の弟が日頃のうっ憤を晴らすために、治長を夜討ち。

 

幸村は浪人たちをコントロールできず、事態はどんどん悪い方へ。

 

治長の弟が幸村の諫めを聞かず、大坂城の堀をまた掘り出したことで家康も重い腰を上げます。

 

 

想定外の事態が重なりで予想より早く戦わなければいけない幸村。

 

幸村は死ぬ気だ

 

幸村が三十郎に託した手紙でそう判断した信之。

 

次回久しぶりに兄弟が対面し、さらにきりさんがようやく報われるようですね。

 

次回も楽しみです。