おっさん世代のウォーキング入門その1「ウォーキングする恰好はパーカーやトレーナーでOK」

 

 

熊本地震で一度中断していたウォーキングを再開して早1か月ぐらい。

毎日・・・とはいきませんが、最低でも1日置きぐらいはウォーキングをやってます。

 

さてウォーキングをする場合、最初に迷うことは、どういう恰好でウォーキングをするべきかということでしょう。

 

今回はウォーキングの格好(服装など)について書いていきます。

 

答えを先に書けば、自分が所有するTシャツやパーカーやトレーナーでOKです。

わざわざ新しく買う必要はありません。

その理由について以下で説明します。

 

格好にお金を費やすのは無駄

 

 

ウォーキングを紹介するサイトなどには、カッコいいジャージでサングラスかけたいかにも玄人という恰好でウォーキングしている人の画像とか貼っていますよね。

 

それを見て、私もあんな風な恰好でウォーキングをやってみたいと思う方は結構いることでしょう。

 

 

でもちょっと待ってください。

あなた本当にウォーキングを続ける気持ちありますか?

 

あんなカッコいい恰好をするためには、数万円単位のお金が必要となってきます。

 

もし途中でウォーキングをするのに止めたら、そのお金無駄になるのですよ。

 

それに個人的な経験則から書きますが、格好から入る人はほぼウォーキングが長続きしません。

 

格好から入れる人が続かない理由

 

格好にお金を掛ける人はウォーキングが続かない。

 

こういうことを書くと、高いお金でウエアなどを揃えたのだから勿体ないという気持ちがウォーキングを続ける原動力になると反論される方が必ずいるはずです。

 

でもね、人間勿体ないという気持ちだけではモチベーション続かないのですよ。

 

だいたいこういう恰好から入る人って、大概お金に困ってません。

だからどれだけ勿体ないと思っても簡単にウォーキングに見切りを付ける場合が多いのです。

 

ウォーキングに費やしたお金が自分に取ってそれほど痛くないので。

 

さらにウォーキングをすること自体をファッションやステータスの一種と考えがちなのです。

 

格好いいスポーツウエアを着こんでウォーキングする私カッコいい。

 

確かにこれがモチベーションに繋がる場合も無くはありません。

しかしこういう考えの方って、少しでも辛いとすぐに止めてしまうのです。

 

あくまで自分がカッコ良く見えるからウォーキングをするのであって、苦労したり、キツイ思いをしてまでウォーキングをしようとは考えませんから。

 

ウォーキングが自分に向いているかすぐにはわからない

 

仮にモチベーション維持に成功したとしても、人間には向き不向きがあります。

ウォーキングに不向きな人ってそれほど多くありませんが、やっぱり一定程度はいるのです。

 

もしあなたがウォーキングに不向きなタイプだったらどうしますか?

 

格好にお金を費やしていれば、それが無駄になってしまいます。

 

だから最初は恰好を付ける必要はありません。

 

家にある動きやすい服を着てウォーキングをすればいいのです。

 

例えば私の場合、夏はTシャツにジーンズ、冬はパーカーにジーンズという恰好でウォーキングを続けています。

 

これで何ら問題があったことはありません。

Tシャツもパーカーもジーンズも全部前から持っていたもの。

体にフィットしていて動きやすいですし、汚れたらそのまま洗濯機に入れるだけ。

 

そして何よりお金がかかっていない

これ大事です。

 

ウォーキングのメリットを捨てることになる

 

ウォーキングのメリットの1つは、場所を選ばずできることです。

歩く場所があればできるのですから当たり前ですね。

 

しかしウォーキングをするのに道具を揃えてしまうとそのメリットを捨てることになるのです。

 

だって考えてみてください。

四六時中、購入したウォーキングの道具を持ち歩くことなんて、仕事を持っている人間にできっこありません。

 

つまり会いた時間にウォーキングをしようとしても、道具がない状態でウォーキングをしなければいけないのです。

だったら、道具を購入する必要ありませんよね。

 

それに道具に依存し過ぎた場合、その道具がなければウォーキングできませんので、前述したようにウォーキングを空いた時間にすることができなくなるのです。

 

道具に依存したらいつでもどこでもできないし、道具無しでウォーキングをやったら、道具を買った意味がなくまります。

 

まあそういう場合は、道具を持っている時は道具を装着すればいいし、道具がない時は道具無しで歩けばいいと思うでしょうけど、一度道具無しで歩くことに慣れると、次からは道具を装着することが面倒と考えるようになってしまうのです。

 

つまり道具を買った意味がなくなるという訳。

だったら買う必要ありませんよね。

 

 

終わりに

 

せっかくウォーキングをするのだから、格好良く決めたいと思うのはある意味当然です。

 

でもウォーキングを長く続けることができるかどうかなんてやる前には絶対に分からないのです。

 

せめて1か月から3か月ウォーキングを続けることができたら、そのご褒美としてウォーキングをするウエアやサングラスを購入することをお勧めします。

 

 

あと、シューズに関しては恰好と切り離した方が良いと思います。

シューズはできる限り良いものの方が足への負担がかかりませんのでウォーキングを長く続けるために重要になってきますので。