【大河ドラマ】真田丸第49話「前夜」を視聴した感想(ネタバレあり) 「最後の最後できりさんが報われました」

kaden_tv

 

 

大野治長の弟をはじめとする大坂城の抗戦派が、一度埋められた堀を掘り返したことで和睦が反故になってしまいます。

これで徳川方は再び大坂城を攻める口実ができました。

家康の思惑通りと言ったところでしょうか?

 

 

スポンサーリンク

幸村を説得するために信之が大阪へ向かう

 

再び戦が始まる。

そして信繁は死ぬつもりだ。

信繁の覚悟を書状から感じた信之は、大坂に行き信繁を大坂城から退去させようと考え、大坂に向かいます。

 

稲さんは徳川家にバレたらまずいと言ってますけど、幸村が大坂城を離れたら大坂方なんて瓦解します。

だから信之の行動は徳川家の方を利することだと思いますが。

 

スポンサーリンク

反対意見が出るのを見越して幸村が芝居を打つ?

 

大坂城。

幸村は作戦を説明します。

京の都に攻め入っての各個撃破。

以前の作戦の焼き直しって感じですが、やっぱり大蔵卿局が反対。

また茶々も秀頼が出陣することに反対のようでこの作戦は却下となってしまいます。

 

ホントこの女性たちは幸村の足を引っ張ることしかしませんね。

視聴者としてはストレスが溜まる流れです。

多くの視聴者は幸村が策を実行に移し、徳川勢をなぎ倒す姿が見たいのですけどね。

 

茶々や大蔵卿局の口出しの結果、又兵衛が考えた大坂城の南での迎撃作戦が採用となります。

でも実はこの流れも幸村が想定済だったのでしょう。

たぶん幸村は自分が採用されないような作戦を出して、大蔵卿局に反対させて、そのうえで又兵衛が出す作戦を採用されやすくさせたような気がします。

 

軍議の後、幸村と話す大蔵卿局。

大蔵卿局はあくまで秀頼と茶々のためにいろいろ意見を出していると幸村に伝えます。

それはわかりますけど、大蔵卿局が余計なことを言うほどどんどん大坂方の方が不利になっていくような感じがします。

 

秀頼や茶々のことが心配ならば、戦のことに首を突っ込むな!!と言いたいです。

 

スポンサーリンク

大坂夏の陣が始まる

 

信之が大坂に到着したころ、大坂城外で大坂方と徳川方が衝突。

大坂夏の陣が開戦です。

 

幸村たち大坂方は大坂城南に道明寺付近に又兵衛と明石全登を派遣。

 

これを知った家康は伊達政宗を向かわせると共に、本多正信の献策により又兵衛に調略の手を延ばします。

 

もちろん又兵衛は調略を拒否。

又兵衛は武士の矜持を掛けて戦っているのです。

ここに至った以上、どのように散るか?そっちの方に関心があるため、今更領地で釣ろうとしても動かないでしょう。

 

でもこれは徳川方も予想の範疇。

要は又兵衛が裏切ったかもしれないという噂が流れればいいのです。

 

そうすれば大坂方は又兵衛に疑いの目を向け、又兵衛は孤立する。

徳川方には美味しい展開という訳。

本多正信恐るべしです。

 

スポンサーリンク

黙れこわっぱと兄弟の再会

 

さて信之は幸村と会うため、叔父信伊と一緒に大坂城に向かいます。

しかしその途中で検問に。

そこで信之は幸村と一緒に秀吉の元で働いていた平野長泰とご対面です。

あれほど秀吉の恩を言っていたのに、あっさり徳川方に寝返っていたとは。

 

それだけではありません。

信之たちの尋問をしたのは、あの室賀正武の息子w

 

検問所を通そうとしない室賀の息子に信之はこう叫びます。

 

「黙れ小童(こわっぱ)」。

 

ずっとこの真田丸を見ている視聴者なら、このセリフを聞いて苦笑しない訳ありません。

これぞ三谷さんの脚本の妙ですね。

 

そして何とか幸村と対面する信之。

結局これが最後の対面となりますが、最後に兄弟合えてよかったと思います。

ここは今回最大のクライマックスですので、絶対に視聴することをお勧めします。

 

一人寝返りを誘われない毛利勝永w

 

戦の前、幸村は又兵衛や毛利勝永と酒を酌み交わします。

そこで悪いうわさが流れていること又兵衛に話す幸村。

 

幸村の目的は、又兵衛が自暴自棄になるのを防ぐこと。

 

そこで幸村も徳川方から誘われたことを素直に話します。

 

又兵衛が播磨1国、幸村が信濃1国、それに対して声もかからない毛利勝永可哀想w

 

 

 

戦が続く中、苦戦する大坂方は次々に名のある武将が死んでいきます。

幸村が釘を刺したにも関わらず、又兵衛は戦いの最中戦死。

 

さらに木村重成も討ち死に。

木村重成と一緒に戦っていた長宗我部盛親は敗走。

 

ここに至り、幸村も間者がいることに気付きますがすでに遅し。

 

でもまさか飯場のじいさんが間者だったとは。

あそこだったら話は筒抜け。

徳川方も良い人間を間者としたものです。

 

 

スポンサーリンク

ようやくきりさんの想いが成就した

 

大坂城に撤退する幸村。

幸村はもはやこれまでと覚悟したのでしょう。

伊達正宗の元に妻子を逃がそうとします。

 

政宗としては幸村に恩を売ることで、万が一大坂方が勝利した時の保険となります。

さすが秀吉や家康の間で生き残った男。

よく考えています。

 

妻子を逃がす一方、きりさんだけを残す幸村。

幸村はきりさんに秀頼の妻の千姫の手引きして秀忠の陣に行くように頼みます。

 

そして、きりさんを抱きしめる幸村。

遅い。

ホントそう思います。

さらに接吻(キス)。

 

ようやくきりさんが想いを遂げました。

 

今回はここで終了。

次回とうとう最終回。

 

家康を恐怖させた幸村の突撃、

しっかりと目に焼きつけようと思います。