見切り品のクリスマスケーキを最安値で狙うなら25日の19時以降を狙うべし

 

 

世の中クリスマス一色。

日本のクリスマスっていつの頃からか子供たちのものから恋人たちのものなってしまい、私のようなボッチにはどうでもいいイベントになってます。

 

とは言え、何もクリスマスのすべてが悪い訳ではありません。

ボッチの私にもクリスマスに嬉しい事があります。

 

それが見切り品のクリスマスケーキ

 

例年、コンビニもスーパーのたくさんのクリスマスケーキを店頭に並べて一つでも多く売り切ろうとしますがどうしても売れ残りが出てそれが値引き販売されるのです。

 

今回はクリスマスケーキの見切り品をゲットするために覚えておきたいことを書くことにします。

 

 

見切り品が出始めるのは24日に午後から

 

クリスマス本番は25日。

そのためクリスマスケーキのほとんどは賞味期限が25日になっています。

 

christmas_cake

 

 

昔はもっと賞味期限の長いケーキが多かったですが、消費者が日持ちさせるための添加物を嫌う傾向にあるので最近は賞味期限が短めになっているそうです。

 

 

賞味期限があるため、スーパーやコンビニは25日中にクリスマスケーキを売り切らなければ廃棄しなければいけません。

 

そういう訳で早ければ24日の午後から見切り品として割引販売が始まることになります。

 

ただしできる限り高く売ろうとするのでいきなり大幅値引きすることは少なく、25日午後から値引き販売する場合はよくて2割引き程度です。

 

割引率最大で購入したいなら25日の19時以降を狙うべき

 

売れ行きにも寄りますがほぼ2時間おきぐらいに値引きの幅が増えていくようで、25日の19時以降まで売れ残りがある場合は最大半額までの値引き販売がされることになります。

 

もちろん19時前に閉店するスーパーでは閉店2時間ぐらい前から半額値引きを始めることがありますが。

 

そして割引販売を始めて26日に日付が変わった時点でクリスマスケーキの販売は終了です。

これは売れ残っていても変わりません。

さすがに賞味期限が切れた商品を売る訳にはいかないので。

 

商品によっては賞味期限が26日以降のものもありますが、かなり数が少ないのでそれをゲットするのは難しいかもしれませんね。

 

クリスマスケーキ割り引き販売の狙い目は中小スーパー!!

 

あとコンビニはできる限り見切り品を出さないようにするため、予約以外で入荷するケーキの量を減らしているらしく、結構見切り品を見つけるのはきついかもしれません。

 

個人的には中規模のスーパーがお勧めです。

 

お勧めな理由をあげると、

 

1:賞味期限が近い商品を見切り品として売ることに抵抗がない、

2:比較的ライバルが少ない、

3:営業時間内に売り切ろうとするので、見切り品にする時間が早め、

 

以上です。

 

もちろん中小スーパーはコンビ二と同じく仕入れ量が少ない場合もあり、争奪戦になる可能性があることを覚えていきましょう。

 

ちなみに24時間営業の大手スーパーは仕入れ量も多いですが、最近はあんまり割り引きしないようになっています。

25日の19時過ぎでも割引率が2割から3割の場合が多い印象です。

別に売り切らなくても処理業者に回せばいいと考えているのかもしれません。

 

もし近くに24時間営業の大手スーパーしかない場合は、2割~3割引きのクリスマスケーキで満足すべきかも。

さらに安くなるのを待っても時間の無駄になる場合が多いので。

 

終わりに

 

見切り品のケーキを見つけて購入するの

ものすごく楽しいです。

食べることより探してゲットするということが比重大きいですけど。

もうほとんどゲーム感覚ですね。

もちろん購入するなら一口残らず食べなければいけません。

 

まあ見方によっては卑しいかもしれませんが、法律や道徳的にも問題のない行為ですのでそんなことが楽しい人もいるんだと思って頂けると幸いです。