「ブックオフ」は自分に代わって本を処分してくれるありがたい場所と考えるべき

 

お金を出して購入した書籍。

1回読んだら2度と読まないものがほとんどのはず。

2度と読まない本、あなたはどうしていますか?

 

a0002_001085

 

きれいなままだったら価値が高いうちに売るのが一番。

今だったらAmazonのマーケットプレースを利用したり、ヤフオクを利用する人が多いと思います。

 

 

その一方、いらない本を売るならまず一番はじめの選択肢になっていたはずのブックオフ。

でも現在、ブックオフに売るという選択をする人はかなり減っているそうです。

 

ではどうしてブックオフという選択肢を取らなくなったのでしょう?

 

それにはいくつかの理由があります。

 

 

ブックオフで本を売らなくなった理由

 

まず第一番目の理由は買い取り価格が安いから。

 

ブックオフが急成長した理由は書籍の出版日と状態を基準とした査定を導入したことです。

 

これにより今まで目利きが必要だった買い取りをスピーデイーに行うことができるようになり、素人同然の店員でも大量査定大量買い上げが可能となりました。

 

しかし出版日に依存した査定では本の価値までは判断できず、市場価値が高い書籍であっても出版日が古ければスズメの涙の買い取り金額となってしまうです。

 

それがブックオフ=買い取り価格が安いと思われることに繋がりました。

まあ実際ホントに安いんですけどね。

 

またヤフオクなど自分自身で売るという手段が発達したことも理由とです。

 

ブックオフに持ち込めば、すぐにお金に換えることでき持ち込みだけで自分でやることが終了となります。

 

それに対してオークションなどでは自分で出品から落札者との連絡、さらに落札物の発送などすべて自分でする必要があったため、そういう行為が面倒だと考える人はこぞってブックオフに持ち込んでいました。

 

でも現在はヤフオクなどもかなり簡略化されており、依然と比べてかなり敷居が低くなっています。

 

そして肝心なのがオークションサイトなどで売れば

 

ブックオフで売るより数倍の値段で売れるということ。

 

そりゃあ、みんなちょっと手間が掛かってもヤフオクなどを利用しますわ。

 

 

ブックオフが赤字に転落

 

 

このようにブックオフに対して逆風が吹き荒れており、とうとう今年赤字に転落したそうです。

 

ブックオフ、深刻な客離れの兆候で赤字転落…ヤフオクのほうが「高く売れる」ことが判明

「お売りください」というキャッチコピーで、中古本販売店をチェーン展開させることに成功したブックオフコーポレーション。その後、本に限らず、家電や洋服、ブランド用品、スポーツ用品などへも幅を広げ、リサイクル・リユースで確固たる地位を確立した。昨年には携帯電話通信事業にも乗り出した。

そんなブックオフが、危機に瀕している。2016年3月期、営業利益で1.5億円の赤字に陥った。04年の上場以来、初めての赤字だ。

(以下略)

 

BusinessJournalのサイトから引用

ブックオフ、深刻な客離れの兆候で赤字転落&ヤフオクのほうが「高く売れる」ことが判明 - ビジネスジャーナル/Business Journal | ビジネスの本音に迫る
ブックオフ店舗(撮影=編集部) 「お売りください」というキャッチコピーで、中古本販売店をチェーン展開させることに成功したブックオフコーポレーション。その後、本に&

 

今はブックオフ=本を売るところではなく、大抵の人にとってブックオフ=立ち読みするところという認識ではないでしょうか?

 

 

ブックオフは本を無料で引き取ってもらう所と割り切るべき

 

でもブックオフにも当然いいところがあります。

それは査定でお金にならなかった本を処分していくれることです。

 

一時期、タダで引き取った本をブックオフが売っているという噂が流れましたが、現在タダで引き取った本は責任を持って処分するみたいです。

 

基本ブックオフで買い取りできない本は需要がない本や状態が悪すぎる本ばかりでそんな本はヤフオクやAmazonでも売れる可能性はかなり低くなります。

 

だったら自分で処分すればいいのですけど、なぜか日本人って捨てることを躊躇する人が多いのですよね。

 

だから捨てるよりはマシと考えてタダで他人に挙げたりして自分の中の罪悪感を薄めようとするのです。

 

ブックオフにただで引き取ってもらっても最終的には処分されるのですけど、少なくとも処分するのはブックオフ。

 

ブックオフを間に挟むことで自分が本を処分する(捨てる)罪悪感を感じなくて済むことになります。

 

そのように考えればブックオフはありがたい場所を思えてくるかもしれません。

 

あと安い買い取り価格は本を処分するのに費用がかかるのでそれに補てんされるんだと考えれば心穏やかになるかもしれませんよ(そんな訳あるか)。