プライベートの自由な時間がないという人は帰宅後のネットやスマホやテレビ視聴を止めてみれば?

 

 

子供にあって大人にないもの。

その一つはプライベートの自由な時間だと思います。

 

小さい子がいる家庭なら、帰宅してやるのは子供の相手。

子供と遊んだり、子供をお風呂に入れたりとやることはたくさんあるはず。

もちろんそれは子供と触れ合える尊い時間でもあり、嬉しい時間の使い方でもあります。

 

それ以外でもやることがあるので、おそらくアッという間に時間が過ぎてしまい、自由な時間がないと感じていませんか?

 

子供と違って大人は仕事をしなければいけませんし、自由に使える時間の絶対量が子供に比べて少ないのは仕方ありません。

 

その自由に使える時間と引き換えにお金を得ているのですから。

 

 

では限られた自由に使える時間を無駄にしないためにはどうすればいいのでしょうか?

 

スポンサーリンク

目的がなくてやるネットやスマホは時間の浪費

 

個人的な意見を言わせてもらえば、目的がないのにやるネットやスマホを止めれば結構時間を作り出すことができると思います。

 

ネットやスマホを使う主な目的は

 

1:調べもので使う

2:買い物で使う

3:メールやSNSで使う

4:時間潰しに使う

 

だと思います。

 

このうち1と2は目的を持ってやっていると言えますけど、3と4に関してはどうでしょう。

 

確かに友人と連絡するためにメールやSNSを使うのは目的ありと言えますが、それ以外の他人のツイッターのつぶやきを見たり、フェイスブックを見たりするのはほぼ4と同じ。

 

つまり時間つぶしです。

 

誰かと待ち合わせしており、時間が余ったから3や4のためにネットやスマホを使うのがいいですけど、帰宅した後に何気にネットやスマホを使うのは時間の浪費以外の何者でもありません。

 

ネットサーフィンをするのはストレス解消などに効果があるかもしれませんが、時間がないと思っている人には完全に時間の浪費です。

 

だって確たる目的もなくただ惰性でネットを見るだけなんですから終わりなんて来ないし、来たとしても眠気など外部的要因のため。

 

普通のサラリーマンだったら、帰宅は早くて18時から19時ぐらい。

そして寝るのを翌日の0時ぐらいとすると自由に使える時間は約5時間。

 

このうち、夕食や風呂など生活に必要な時間を差し引けばおそらく本当に自由に使える時間はせいぜい3時間ぐらいでしょうか。

 

そしてネットサーフィンすれば3時間なんてアッという間です。

 

もちろんこの3時間のネットサーフィンが有意義で自分に役に立つものになるのなら何ら文句はありませんけど、ネットサーフィンって目的なくダラダラ見るだけですから、役に立つことなんてほとんどないでしょう。

 

こんなことするぐらいなら、その時間を他のことに回して見ませんか?

 

有意義の定義は人によって違いますが読書したり、運動したり、3時間あればいろいろできますよ。

 

スポンサーリンク

ネットやスマホ弄りをやめる方法

言うのは簡単ですが実際にネットやスマホ弄りを止めるにはどうすればいいのでしょうか?

 

スマホに関しては契約を見直してパケット通信契約を一番少ないものに変更しましょう。

誰だって追加料金を払うのは嫌なはず。

パケット通信が一番小さいもの変更すれば、追加料金を払うのが嫌で無駄な通信を引かえるようになるはずです。

 

ネットに関してはパソコンの目の届かないところに閉まっておくという手が使えます。

人って面倒なことが嫌ですから。

パソコンを使う場合、当然どこか目の届かないところに閉まったパソコンを出す必要がありますが、だらだらネットサーフィンするためにパソコン出すのは億劫すぎます。

そのためネットでだらだらネットサーフィンする敷居が上がり、結果的に時間を無駄に使うことを防止できるはずです。

 

もしパソコンを収納するスペースがない場合はどうするべきでしょうか?

その場合はパソコンを売却することを考えてみましょう。

 

今はパソコンがなくてもスマホで用が足せることが多く、パソコンを所有するメリットはどんどん少なくなっています。

 

もしネットサーフィンぐらいしかパソコンを使っていないなら、いっそパソコンを売却しても問題ありません。

ネットサーフィンで無駄な時間を使わない上に、パソコンを売却することでスペースは空くし、売却代金までゲットできる。

まさに一石三鳥となるチャンス。

 

ただ少しでもネットサーフィン以外に使う用事がある場合は、絶対に売却しないようにしましょう。

 

スポンサーリンク

終わりに

 

今回の話は結構極論かもしれませんが、帰宅後にやる目的無しのネットやスマホを止めるだけで簡単に時間を作ることができます。

 

時間がないと嘆いている方で、帰宅後のダラダラネットサーフィンしている方は是非やってみてください。

 

また同じことはテレビにも言えます。

自身の仕事や健康に役立つような番組は自分にプラスとなりますが、バラエティ番組を視聴することはネットサーフィン同様、時間を捨てる元凶です。

今は同じようなバラエティー番組が多いので、見逃しても問題ありませんし、しばらく視聴しないようにすると、別に見なくても大丈夫と思えるようになりますので。

 

世の中便利になり過ぎて、時間を浪費するものが溢れています。

自由な時間を得たいのなら、そういう時間を浪費するものと距離を持つようにしましょう。