デジタル遺品(ネットの口座やFXの口座)などを遺族に認識して貰う方法について考えてみた

 

 

今日ツイッターのトレンド見たら、デジタル遺品というワードが入ってました。

 

どうやらNHKの朝の番組で取り上げたらしいですね。

あの番組って対象視聴者が専業主婦だから、デジタル遺品なんて特集組んでもあんまり食い付き良くないだろと思っていたら意外や意外、かなりみなさん考えているようですね。

 

デジタル遺品は結構範囲が広い

 

デジタル遺品とは、デジタル端末上にある遺品の総称のようなもの。

 

私は画像や動画のデータぐらいだと思っていましたが、メールやSNSのアカウント、場合によってはネット銀行の口座などもこれに含まれる場合があるそうです。

 

そう考えるとかなり範囲が広いですね。

 

自分自身が所有する画像や動画のデータなどは、自分が死んだ後どうなろうが知りません。

 

家族が趣味のデータを見つけてそんな趣味だったんだと軽蔑されるかもしれませんけど、人にどう思われても自分が死んだ後なら関係ありませんので。

 

でもネット銀行や証券会社の口座などは、それらとちょっと毛色が違います。

 

基本本人が死んだ後、その情報が金融機関全部に行きわたる訳ではありません。

死んだ本人の遺族が相続のために財産を調べて、その相続人が金融機関に連絡することになっていますので。

 

普通の金融機関の場合は通帳があるのですぐに口座があるのがわかると思いますけど、ネット銀行の場合は通帳がありませんからね。

でもネット銀行の場合はまだカードがあるので気付く可能性があるからまだマシ。

 

一方ネット証券の場合は口座がありませんからねえ。

まだ取引記録を紙媒体などで送ってくる証券会社ならいいですけど、すべてメールなどで送付する会社なら気付かないでそのままになる可能性もあります。

 

さらに死んだ本人が信用取引やFXやっていた場合は最悪マイナス財産が発生して、それを知らず相続した遺族が後に莫大な借金を背負う可能性だったゼロではないのです。

 

ちなみにFXの場合はロスカットという強制決済の制度ありますけど、変動するスピードによっては間に合わず証拠金以上に請求が来る場合があるので特に注意が必要だと思います。

 

こういうことを考えると死んだ後のことなんて知らね、というのはちょっと薄情ですわ。

 

デジタル遺品対策のお勧め2選

 

ではデジタル遺品を遺族に認識してもらうにはどうすればいいのでしょうか?

個人的にはこの2つをお勧めします。

 

その1:遺言状を作って、デジタル遺品のことを書いておく

 

一番お勧めで確実な方法です。

自分が死ねば、遺品などの相続財産は家族などに分配されます。

普通は民法の規定通りに分配されますが、遺言状があればそれに従うことになります。

 

そのため遺言状は確実に遺族が見ることになるのです。

その遺言状に、ネット証券やFXの口座を書いておけば、その存在を遺族も認識できるという訳。

 

遺言状というと何か難しそうなイメージありますけど、

 

・書いた年月日

・遺言の内容を書き、

遺言状に署名捺印してそれを封筒に入れて封をするだけ。

 

あとは遺言状と分かるように封筒に遺言状と書いておけばOK。

簡単でしょ。

 

ただし書き漏らしは絶対にしないようにしましょう。

遺族はネットの口座やFX口座が遺言状に書かれていることを知れば、それ以上の調査をしなくなる可能性が大です。

もし書き漏らしがあれば、ずっとその存在は知られず、前述したように遺族に迷惑を掛ける恐れもありますからね。

 

 

 

その2:ネットの口座やFXの口座があることを家族に日ごろから話しておく

 

2つ目の方法は、日ごろからネットの口座やFXの口座があることを家族に話す方法です。

家族に口座番号などまで教える必要はありません。

口座があるということを、家族が頭の片隅に残しておけば十分。

 

もしあなたが死んでも、あなたが口座の話をしておけば、遺族となった家族はネットの口座について調べるはずですので。

 

ただネット口座があることを話せば、絶対に儲かってるの?とか、いくら口座に入っているの?とか聞かれることになり、たぶんウザいです。

 

終わりに

 

デジタル遺品なんてどうでもいいものだと個人的には思いますが、遺族に迷惑をかけないよう最低限の準備だけはしておくのが無難です。