国立大の2次と薬剤師国家試験とライブが重なって福岡市内に宿がないのなら別の手を考えましょう

スポンサーリンク

 

私が記事を書くときにネタ元、Yahoo!のトップニュース。

ここではいろいろなマスコミからの転載記事が載っているのでネタを探すのには打ってつけ。

 

そんな今日気になったのがこの記事です。

 

受験生「宿がない!」 福岡、ライブ重なり“満室” 国公立大の2次試験日

国公立大の2次試験の前期日程がある2月25、26の両日前後、福岡県内を中心に、宿泊場所を確保できない受験生が続出している。入試に加え、若者に人気の二つのグループによる計5万人規模のコンサートと、薬剤師の国家試験日程も重なったため。福岡都市圏の宿泊施設はパンク状態で、受験生の親からは「部屋が取れない。どうすれば…」と悲鳴が上がっている。

コンサートが重なっているのは「三代目J Soul Brothers」(2月24~26日、ヤフオクドーム=約3万8千人収容)、映画「君の名は。」の主題歌でヒットしたロックバンド「RADWIMPS(ラッドウィンプス)」(同25、26日、マリンメッセ福岡=約1万5千人収容)。さらに福岡市の大学が薬剤師国家試験(同25、26日)の九州唯一の会場になっている。

同市内には2014年時点で2万3979室のホテル、旅館があるが入試期間はほぼ満室。ネットサイトでは2万~10万円の部屋しか空いていない。福岡市によると、イベントで宿泊場所が不足した場合には、市が「イベント民泊」として市民に自宅の提供協力を求める手法はあるが、担当課は「現時点で予定はしていない。状況を把握して対策を検討したい」と話す。

 

2017年1月28日 西日本新聞のサイトより引用

http://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/304346

 

2月25日26日と言えば国立大学2次試験の当日。

多くの受験生にとっての決戦の日です。

 

でもそんな日なのに福岡市では同じ日程で薬剤師国家試験が行われ、さらに人気グループのライブまで重なるというトンデモナイことに。

 

国立大の2次試験でただでさえ宿不足になるのに、さらに大きなイベントが2つも行われるなんて。

 

まあ、でも今更どのイベントもズラすことはできません。

 

そうすると宿が取れなかった受験生としては

打てる手を打つしかないのです。

 

では宿泊予定者は今からどんな手が打てるでしょうか?

 

スポンサーリンク

考えらえる打てる手

 

現状福岡市内の宿はどこも満杯のようですが、どこかで必ずキャンセルが出るものです。

だから根気よくキャンセル待ちをするという手もあります。

 

ただこの手はずっと宿が決まらないというストレスが溜まる方法ですし、今の時期は最後の追い込みですのでキャンセル待ちのために宿のサイトに張り付いている時間はありません。

だからこの手はあまりお勧めできません。

 

次に考えられるのは福岡市内に泊まるのを諦め、近隣の自治体で宿をとるという方法です。

 

引用した記事によると新幹線で福岡市内に1時間位内の久留米市や北九州市などでも宿不足になっており、そちらで宿を確保するのもかなり困難になっています。

 

 

だったらもう少し遠くに宿をとるという手があります。

例えば熊本市。

福岡市まで遠いような感じがしますが新幹線を使えば長くても1時間程度で博多駅に到着します。

 

たださっき旅行サイト見てみたらまだ残っていますがかなり少なくなってます。

 

もう少し時間がかかってもいいというなら八代市に宿をとるという手も。

新八代から博多までも新幹線で1時間ちょっと。

熊本市からとあんまりかわりません。

 

ただ新幹線の本数が少なくなるのでその点がデメリットとなりますが。

 

また熊本市や八代市に泊まる場合、天候によっては福岡市まで行けない可能性もあります。

これもデメリットと言えるでしょう。

 

次の考えられる手は民泊を利用するという方法。

民泊とは個人所有の物件に宿泊するもの。

いろいろと問題が噴出していますが背に腹は代えられません。

 

民宿の最大手サイトを見るとまだ2月24日と25日若干の空きがあるようですけど、現時点(2017年1月28日13時現在)で残っている部屋は15%程度。

 

また民泊は個人がやっていますのでホテルなどと比べると、どうしてもサービス面などで劣ります。

その辺を我慢できるなら民泊も選択肢に入れるべきでしょう。

 

福岡市内で宿が取れず、また天候が気になるので近隣自治体も嫌、もちろん民泊もダメという場合、残っているのは試験前日に福岡市内に入り、24時間営業のカラオケボックスやネットカフェを利用する手ぐらいでしょうか。

 

カラオケボックスなどは依然と比べたらだいぶん過ごしやすくなっていますが、それでもやはり落ち着かないでしょうし、ネットカフェで寝るのも音が気になってかなり大変です。

 

ただ他に手がないならこの方法を使うしかありません。

 

スポンサーリンク

終わりに

 

どの方法も一長一短。

残念ながら完全に満足できる方法は残っていません。

 

また宿確保の競争相手は同じ大学受験生だけでなく、薬剤師試験の受験生やライブに行く人達もライバルになります。

 

できる限り早くどうするか決定して動くべきだと考えます。

ただそれぞれの方法のデメリットを許容できるかしっかりと考えてくださいね。

 

 

スポンサーリンク

追記(2月1日)

 

宿泊施設が足りないという報道を受けて、いろいろな動きがあるようです。

 

市民に協力募りサイトで紹介 国公立大2次試験ホテル不足の福岡 [福岡県]

福岡県内で国公立大の2次試験と大規模コンサートが重なり、受験生の宿が足りない事態を受け、九州大の学生らが、市民に宿泊場所の無償提供を呼び掛け、受験生に紹介するインターネットサイトを立ち上げるなど支援の動きが広がっている。無料で貸し出すことで旅行業法などをクリア。取り組みは今回に限らず、ホテルなどの金銭的負担を気にする受験生の受け入れ方法として一つのモデルケースになる可能性もある。

(中略)

困った受験生を支えようと、サイトを立ち上げたのは九州大のビジネススクールの学生でもある会社員岡英典さん(48)=福岡市東区。1月29日夜に「福岡市国公立大学前期試験緊急宿泊情報」というサイトをアップしたところ、部屋を提供したいという申し出が既に32件(約40室分)あったという。

「九大を卒業した娘の部屋が空いてます」「受験会場への送迎可能」…。提供者の住所を地図に記しており、希望の宿泊先を選ぶことができる。期間は24~26日。食事はない。

有料で客を泊める場合は旅館業とみなされ、自治体の許可を得る必要があるが、観光庁観光産業課は「無償なら旅行業法などには抵触しない。ただ予約の確実性や公衆衛生面などは保証できない」とする。

安全性を担保するため、岡さんは、身分証などで部屋提供者の確認を徹底。女性の部屋は女子受験生に限定するなど同性への仲介を原則とする。受験生の身分は受験票などでチェック。「夢を諦めてほしくない。少しでも安心して受験できる環境を整えてあげたい」と話す。

 

2017年2月1日西日本新聞のサイトより引用

http://www.nishinippon.co.jp/nnp/f_toshiken/article/305144

 

これは有志が宿泊施設を予約できなかった受験生に対して無償で泊まるところを提供しようという動きです。

 

もちろん有償の宿泊施設に比べると劣るところもあるでしょうけど、前述したネットカフェやカラオケボックスに泊まるよりはいいと思います。

 

これ以外にもいろいろ動いている団体があるみたいですので、新聞やネットの情報に注意するようにしましょう。