ガラケーからスマホに変えた時の話をもう一度書いてみる

 

 

以前のブログに書いたガラケーからスマホに変えた時の話。

ちょっと手を加えて再び公開します。

 

 

スマホに変えた理由

 

 

もともとスマホが絶対に欲しかった訳ではありません。

基本スマホってゲームと一緒で時間つぶしに使うものという偏見を持っていましたから。

 

その認識が変わったのが去年の熊本地震。

 

あの時ほどスマホがあれば・・・と思ったことはありません。

 

だってガラケーだと全然情報が入ってこないですもん。

ガラケー専用のサイトの情報更新が遅いので。

 

そういうこともあり、私も思いきってスマホに変えることにしました。

 

ガラケーとスマホの2台持ちも検討したけど

 

ガラケーからスマホに変えるときの大きな関門。

その一つに2年縛りの違約金があります。

 

月々のガラケーの基本料が安くなり代わりに2年間は解約できないようにする条件、それがいわゆる2年縛りです。

 

もちろん解約自体はできますが、その代わり違約金として1万円前後のお金を支払う必要があります。

そのため事実上解約が制限されているのと同じなのです。

 

こんな縛りを設けやがってと思わずには言われませんが、この縛りのおかげで利用料が一部割引されてましたからね。

 

そのため最初私はガラケーの契約はそのままでスマホの新しい契約を別途することを検討しました。

 

しかしシミュレーションの結果、ガラケーとスマホの2台持ちするより解約金を支払ってもスマホ1本にした方が良いという計算が出たので解約金を支払ってスマホに換えることにしました。

 

これまで私はauと契約していましたが、今回スマホに換えるにあたって、楽天モバイルと新たに契約することに。

 

そして今まで使っていた番号をそのまま使うため、MNPを利用することにしたのです。

 

auからのMNPは端末から可能

 

 

auの場合は、EZWEBを使えば誰とも話すこと無しにMNPの予約番号を貰えます。

 

これって結構ありがたいですね。

オペレーターに電話したりショップでMNPの話をしたら、必ず翻意するよう言ってきますので。

 

決意の固い人でも結構説得されてMNPするのを止める人もいるらしいです。

 

さて通知されたMNPの予約番号を楽天モバイルと契約する時に打ちこめばOK。

 

今までの番号で通話できるようになるまでスマホとSIMが届いてから2、3日かかると言われていましたが、私の場合は届いた翌日に開通し、通話できるようになりました。

 

楽天モバイルならデビットカードが使用可能

楽天モバイルと契約するにあたっては、楽天デビットカードを利用することにしました。

私はまだ自分のクレジットカードの番号をネットに入力するのに抵抗があるからです。

 

デビットカードだったらクレジットカードと同じような使い方ができ、最悪その番号を悪用されてもデビットカードと同期させている銀行口座の残高までしか被害が出ませんので何となく安心です。

 

終わりに

 

スマホに換えてから3か月あまり。

まだまだ使いこなすにはほど遠い状態です。

まあ時間はたっぷりありますから少しづつ慣れていこうと思います。

あと楽天モバイルはネットの通信速度が遅いと言われていますけど、私の場合はYouTubeの動画も問題無く見ることができますし、ネットにつないでも快適に使えています。

 

3大キャリアの回線を使ったことがないので比較はできませんが、今のところ私は楽天モバイルで十分です。