賃貸契約の更新時期は家賃交渉をする絶好のチャンス?

 

住んでいる部屋が賃貸物件の場合、

ほぼ2年おきにやってくるのが

契約の更新時期。

 

契約を更新すると

更新料として家賃と同額程度取られてしまうので

借り手からすれば嫌な制度だと思いますけど、

この契約の更新時期は

家賃交渉する絶好な機会なのです。

 

 

契約期間は絶対ですけど交渉はいつでも可

 

普通部屋を借りる場合の契約書には、

 

「契約期間中家賃の値下げ交渉はしない」旨の

 

一文が記載されていることがあります。

 

契約は当事者同士を縛るものですから、

契約期間中は契約書の文言が絶対だと思いそうですが、

実際借地借家法32条で減額交渉は原則できると

解されています(定期借家契約の場合などは除く)

 

そのため契約書の減額交渉不可と記されていても

法律上は

気にする必要は無いのです。

 

ここは大事なところですので

しっかりと覚えておきましょう。

 

ただやはり普通の時より節目である契約更新時が

交渉するには良い時期となります。

 

何しろ貸し手としては

契約更新がされないと

更新料も家賃が入ってこないのですから、

ある程度貸し手も

譲歩する可能性が高くなるのです。

 

せっかく交渉するなら成功確率が上がる

契約の更新時期に行うべきでしょう。

 

 

家賃の減額交渉をする場合の材料は?

 

もちろん貸し手からすれば

自分の取り分が減る減額交渉なんて

したいはずはありません。

 

そのため何ら交渉材料が無い場合は

交渉自体拒否される可能性があります。

ではどういうもの交渉材料になり、

どのように集めればいいのでしょうか?

 

まず交渉材料になりそうなのが、

他の部屋との家賃の比較です。

 

同じマンションやアパートに入居していて

同じ間取りなのに家賃が高い場合があります。

 

もし合理的理由が無いのに

家賃に差がある場合は

それが家賃の減額交渉の交渉材料となります。

 

家賃の差については

同じマンションの人から直接聞くのが一番ですけど、

まず家賃の額なんて聞くことができませんよね。

 

そういう場合は賃貸サイトなどで

自分のマンションの情報が出ていないか

確認してみましょう。

 

運良く同じマンションの部屋の表示があり、

それが自分の家賃より低いならば

十分に交渉の材料になります。

 

もし仮に同じマンションの情報が無くても

近隣のマンションで

築年数があまり変わらないものだったら

その情報でも交渉材料にできる場合があります。

 

家賃の計算に関係しているのは

間取りや築年数に加えて

交通事情や買い物事情です。

バス停や駅

そしてスーパーまでの距離は

家賃に大きな影響を与えます。

例え別のマンションであっても

近隣にあるならば

交通事情や買い物事情はそれほど

変わらないので十分に参考にすることが

できるのです。

 

あと賃貸期間が長くなれば

通常損耗などで

敷金の返還が多くなりますので

長く住んでいる借り手ほど

出ていかれると貸し手には損失が大きくなります。

 

これに関しては

長く借りていて出ていった場合

敷金の返還がどうなるか

ちょっと匂わせる程度で

効果が出てきます。

 

ただタバコの部屋の中で吸っていたり

借り手側に不利な事情があると

この限りではありませんが。

 

 

背水の陣(退去する覚悟)で交渉に臨みましょう

 

大事なのは

今住んでいる部屋を退去しても構わない

という気持ちです。

 

交渉ですから当然決裂する場合もあります。

決裂して貸し手側の主張通りの家賃で

納得してもいいですけど、

もし決裂したら引っ越しするぐらいの気持ちでないと

貸し手を押し切ることはできないでしょう。

 

賃貸物件が余っているからこそ家賃の減額交渉が可能なのです

 

今日本は賃貸物件が余っている状態であり、

貸し手としてもできる限り借り手を逃したくありません。

 

そのため幾分か家賃が目減りしても

借り手にそのまま住んでもらうために

家賃の減額交渉が通りやすい時代となっています。

 

せっかく借り手優位の時代のなったのですから

ダメ元で家賃交渉してみるのはどうですか?