賃貸物件の周辺環境調査を夜にすべき理由

 

 

 

賃貸住宅を借りる場合どんなところに注意しますか?これに関しては人それぞれ。交通の便、医療機関や買い物する場所が近くにあるか否か、騒音など。

 

そういうことを確認するために個人的には住みたいと思っている場所のイメージができており、具体的に借りたい賃貸物件があるならその周辺を、事前に調査することをお勧めします。

そしてできれば調査は夜に実行すべきです。

 

周辺環境を夜調査すべき理由

 

どうして夜に調べるべきか。不思議に思う方もいることでしょう。でも夜に調べることにより、後で後悔するリスクを減らすことができるのです。

 

理由1:家にいるのは夜が圧倒的に長い

 

深夜働く一部の人以外、一番長く家にいる時間は夜です。考えてみましょう。仕事や学校などで休日以外はまず昼間家にいることはないでしょうが、夜はほとんどの方が家にいるはず。だから昼間の周辺環境より夜の周辺環境の方が大事なのです。

周辺環境で一番大事なのは睡眠を邪魔されないかどうかだと個人的には考えます。いくら防音を施しても騒音が完全に聞こえなくなることはありませんからね。いくら昼間静かでも寝る時間帯の騒音が酷ければ意味がないのです。

 

 

理由2:昼間ではわからない夜の顔がわかる

 

昼間は閑静な住宅街だったのに暴走族が近くの道を爆音を鳴らしながら走っていたり、街灯が全くないため防犯上問題があったり、大音量で音楽を聞く方が近くに住んでいたり、夜にしかわからないことが意外とあるのです。

 

もちろん逆の可能性だったあります。大きい道の近くで昼間は酷い騒音が出ていても、深夜は車の通行量が少なくなり快適に過ごせる。そしてこういうところに限って家賃が他のところより安くしている場合が多いのです。

事前に調べていれば自分の予想より安くて良い賃貸物件が見つかる可能性があります。

 

 

具体的にはどうすればいいのか?

 

では夜の周辺環境を調べるにはどうすればいいのでしょうか?

 

自分で夜行ってみる

 

一番簡単なのは夜自分で行くことです。できれば平日の夜と日曜祝日の夜の2回は調べに行くべきだと思います。もちろん回数が増やせばよりよくわかりますけど、そう大きく変わることはないでしょう。

また事前に部屋の鍵を借りて、少しの間だけでも部屋の中で騒音が聞こえるかどうか試してみるのもいいかもしれません。

仲介会社や家主は嫌がるかもしれませんが、借りた後で文句を言われるよりはマシと考える仲介会社や家主もいるので、一応貸してもらえるかどうかは聞いてみましょう。

当然ですがトイレなどは使えませんし、部屋を汚したりしたら清掃代を取られますのでその点はご注意ください。

 

 

調査できないなら業者に夜の環境を聞いてみる

 

あと自分では夜行けないという方は業者に聞いてみるという手もあります。ただ業者は家主から媒介を依頼されているだけですので、実際に物件を見たことない場合も結構あります。

だから夜の環境はどうかと聞いてすぐに返答できるかどうかでその物件についてその不動産屋がしっかりと把握しているかどうかがわかることになります。

 

でもまだ夜の環境はわからないと率直に言う不動産屋はまだマシかもしれません。残念な不動産屋は何としても借りさせるためにわざと不利なことを隠す傾向にありますから。

 

 

終わりに

賃貸は簡単に引っ越しできるとはいえ、引っ越し料金や敷金礼金など用意しなければいけないお金は安くありません。

 

最近は借り手市場となっていますので、2月から4月までの繁盛期以外の場合、しばらくキープしてもらいながら、自分で夜の周辺環境を調べてみてはいかがでしょうか?

 

もちろん繁盛期の場合でもキープしないなら周辺環境を調べることができるはずです。でもその場合、良い物件はすぐになくなる可能性もあるのでご注意ください。