敷金ゼロ物件のデメリット!!あなたは気付いてますか?

 

今では結構見かけるようになった敷金ゼロ物件。初期費用を少なくできるので借主側には大変嬉しい物件のはずですが、当然デメリットも存在するのです。

 

では敷金ゼロ物件にどんなデメリットがあるのでしょうか?

 

敷金以外で稼ぐスキームが出来上がっている可能性が

 

敷金は賃料や原状回復費用を填補するのを主目的としており、仮に賃料不払いや夜逃げなどが起こった場合、敷金が無いならそれらの損害をすべて貸主が負うことになります。そう考えると貸主が一方的に不利ですけど、どうして貸主が損な条件を飲むのでしょうか?

 

もちろん空き部屋を作らないための苦肉の策の可能性もありますけど、大概は敷金以外のものでリスクヘッジしている場合が多いのです。

 

例えば部屋の賃料がご近所の平均より高めに設定してあることがありますし、部屋の更新を2年毎ではなく1年毎にしている場合があります。また部屋を退去する場合ハウスクリーニング代を高めに請求するケースもあります。

 

基本賃貸借契約は契約書に書かれていることがすべてであり、逆を言うと契約書に書いたあれば余程一方的な条件でない限り、裁判でもひっくり返すのが困難となります。それ以前に裁判に掛かる費用が高額となりますので裁判起こす方が稀ですが。

 

賃貸借契約書は隅から隅までチェックする

 

一方的な不利な条件を受け入れないため、契約書は端から端まで読むようにしましょう。確かに小さい字で書かれており、日頃読書とかしてない人には苦痛ですが不利な契約を見逃し、後で泣きを見るよりはマシなはずです。

それに保険の約款に比べればまだ読みやすいですし。

 

賃貸借契約の場合、仲介する不動産会社の宅建士が重要事項について説明しなければいけません。その際に自分に不利益のような事項があれば、宅建士に契約内容を変更できるか質問してみましょう。場合によっては契約内容の変更に応じてくれることも稀にあるので。

 

 

敷金が無いから退去時に原状回復費用を用意する必要があります

 

敷金は前述したように退去時の原状回復費用を填補する性質があります。そのため敷金ゼロ物件の場合は退去時原状回復に要した費用を借主が用意する必要があるのです。

原状回復費用は原則借主が負担することになります。普通の1ルームなら5万から10万円ぐらいはかかるかもしれません。原状回復費用について結局入居前に支払うか退去後に支払うかの違いしかないことになりますね。

 

敷金を入れないメリット

 

初期費用の負担が少なくなること以外に、敷金を入れないメリットが存在します。それは貸主が使いこみをするような事態は避けらるということ。

敷金は預かり金なので、敷金を受け取った貸主はそれを保管する義務があります。でもお金に敷金と書いてある訳ではないので、貸主が流用するような事態が結構な頻度が起こっているのです。敷金を入れないならば当然そういう事態が起こりませんので安心できます。

また敷金に当てる予定だったお金を自分が入居している間、別のことに転用できますのでその点ではメリットと言えるかもしれませんね。

 

終わりに

 

貸主だって慈善事業でやっている訳ではありません。敷金ゼロ物件についてはしっかりと下調べして本当にお得か十分に検討してください。安易に飛びついて損しては元も子もありませんから。