【おんな城主直虎】歴史上の『小野政次』が大河ドラマの設定と違い過ぎて辛い

 

 

この記事は現在放映中の大河ドラマ

「おんな城主直虎」のネタバレを含んでおります。

ドラマを楽しんでいる方は

読まないことをお勧めします。

 

ストーリーが分かると

一気に興ざめするかもしれませんから。

 

 

スポンサーリンク

いじらしい小野政次にファンは好印象かも

 

おとわ、亀之丞といっしょに

勉強したり

遊んだりした

鶴丸。

 

そしてこの3人がストーリーの軸となるのが

大河ドラマ「おんな城主直虎」です。

 

大きくなって元服した鶴丸、

つまり小野政次ですが

愛しい次郎法師のために

いろいろやる姿がホント

いじらしく感じることでしょう。

 

そしてどちらかというと

政次の次郎法師に対する気持ちを

察している直親の方が

恋の邪魔をする嫌な奴と

思っている視聴者も多いと思います。

 

でもあれはあくまで

大河ドラマというフィクションのお話。

 

実際の小野政次は

あんな好人物ではなかったようなのです。

 

スポンサーリンク

実際の小野政次は主君殺し?

 

実際の歴史では

小野政次はどんな人物だったのでしょうか?

実はかなりアクの強い、

野望ギラギラ系の武将だったようです。

 

主家今川家の権威を背景に

井伊家の実権を握っていた政次の父、

小野政直。

その政直が病死したことで

嫡男であった政次は政直の後を継いで

井伊家の家老職に就きます。

 

これで井伊家は政次の思いのままと

思っていたら、

信濃国に逃げていた井伊直親が帰還し、

アッという間に次の当主候補に。

 

もちろん実際の歴史では

直親と政次が幼馴染だったという記録は

ないようなので

政次にしてみれば

井伊家の実権を握るのに厄介な奴が

戻ってきたと考えたことでしょう。

 

しかし直親が戻ってきたところで

政次に権勢がすぐに揺らぐことはありません。

だって井伊家の人間って

揃いも揃って政治に向いている(仕切れる)人間が

皆無だったので。

自然と政治を仕切れる政次が

井伊谷を運営しなければいけなかったのです。

 

このまま推移すれば

そのうち直親と政次は仲直りしたかもしれません。

しかし桶狭間で今川家と井伊家が大敗北を喫したことで

歴史の歯車が狂いだします。

 

桶狭間で戦死した井伊直盛は

まだ若輩者の直親では

政次に対抗できないと考えており、

井伊家の当主と井伊家を運営する人物を

別にするように遺言を残していました。

 

その結果、

井伊家の当主には直親が、

そして実際に井伊家を運営する人物に

中野直由が就くことになりました。

 

中野直由は大の小野嫌い。

このままだと自分が失脚してしまう。

政次はそう考えたのかもしれません。

 

でも実際のところ政次以外に

内政に秀でた人物がいない以上、

いくら中野直由が小野嫌いでも

政次を外すようなことはしなかったはず。

 

しかし被害妄想に凝り固まった

政次はトンデモナイことをしでかすのです。

 

それは当主に塗れ衣を着せて抹殺すること

 

 

実際のところ、

直親が本当に徳川家と内通していたかどうかは

わかりません。

でも内通しているように今川家に報告すれば・・・。

 

今川家から疑いを持たれた

直親は駿府に行って今川氏真に対して

弁明することになります。

 

しかし今川家からすれば

自分の息のかかった政次に井伊谷を差配させる方が

何かと便利と考えたのでしょう。

 

直親は途中立ち寄った掛川で

掛川城主朝比奈康朝によって暗殺されてしまいます。

 

さらに中野直由も戦で討ち死に。

小野家と敵対していたご隠居様も病死して

もう政次に障害はないと思っていたら・・・

 

ここで次郎法師が立ちはだかります。

次郎法師は還俗して井伊家の当主に就任。

そして今川家には面従腹背の姿勢で挑みます。

 

これでは実験が握れない。

焦った政次は事実上のクーデターを起こし

井伊谷を占領します。

 

ようやく井伊谷を自分のものにできた政次ですが

その期間は約1か月で終わることになります。

 

武田家の今川領侵攻に合わせて、

三河国の徳川家康が井伊谷を含む遠江に侵攻。

今川家の権威を後ろ盾にしていた政次は

徳川家から見れば敵。

 

徳川家の討伐軍に対抗できず、

身を隠した政次ですが

すぐに見つかって捕らえられてしまいます。

 

そして1569年4月7日、

政次は処刑されてその生涯を閉じました。

享年34歳。

 

 

スポンサーリンク

終わりに

 

実際の小野政次が

大河ドラマの政次と違い過ぎて

愕然とする人も多いはず。

 

でもあくまで視聴者は

大河ドラマの政次だけを見ていればいいのです。

実際どんな人物であったのか?ということは

気にせず、

政次の行く末をテレビを通して見守るのが

一番いいのではないかと思います。