【仕事に従事している人必見】仕事相手にする謝罪は鮮度が大事で言い訳NGです

スポンサーリンク

 

 

私も人間ですから仕事のことでミスすることがあります。

そして仕事のクライアントに迷惑を掛けてしまうことも。

 

そんな場合私はできるだけすぐに謝罪に赴くようにしています。

 

スポンサーリンク

謝罪も鮮度が命

 

クライアントに迷惑がかかっている以上、いつかは謝罪しに行かなければいけません。

 

もちろん怒り心頭の時に謝罪に行けば藪蛇になる可能性はあります。

 

でもそれを考えて、しばらく謝りに赴かなかった場合どうなるでしょう。

 

クライアント側が仕事を発注する選択肢が自分しかないのなら、別に急ぐ必要は無いかもしれません。

嫌でも自分に仕事を依頼するしかないのですから。

内心はともかく、嫌味を言うくらいで終わる可能性が高いでしょう。

 

しかし自分以外にクライアントが依頼できる先があった場合、いつまでも謝罪に来ない奴にそのまま仕事を依頼するでしょうか?

 

普通はしませんよね。

 

代替できるような依頼だったら別の業者に任せるはずです。

ミスしたうえに謝りに来ない業者に仕事を任せることはできません。

 

そういうことを考えて、私はいつもできる限り早く謝罪に赴くにしています。

 

謝罪も鮮度が命。できる限り早く赴くべきだと考えます。

 

 

スポンサーリンク

補償・再発防止策>ミスの原因の説明

 

 

私がクライアントのところで謝罪する場合、謝罪と同時に補償や再発防止策を説明するようにしています。

 

もちろんどうしてミスが起きたのか、原因も説明する必要はあるでしょう。

 

二度と同じことをしないためには原因究明とその説明は大事です。

 

しかしそれは謝罪と損害の補償、再発防止策の説明よりは優先度が落ちると考えています。

 

だってまずはクライアントにこれ以上損害が出ないようにするのが最優先ですし、まだ原因究明がハッキリしないうちに原因の説明をしてもクライアントからしたら言い訳にしか聞こえない可能性があります。

 

ただクライアントが原因の説明を求めてきた場合は、しっかりと説明しましょう。

責任回避をしているととられないよう注意しながら。

 

ちなみに一番筋が悪いのは謝罪した後、求められてもいないのに弁明(言い訳)に終始することです。

 

弁明で自己正当化しようとするのは人間ですから仕方ありません。

 

しかし弁明することによって

 

「こいつ全然謝罪の気持ちないな」

 

とクライアントに思われてしまうことが確実です。

 

謝罪+弁明(言い訳)が癖になっている方は絶対に矯正するようにしましょう。

仕事をするうえで必ずマイナスとなるので。

 

スポンサーリンク

終わりに

 

ミスは誰にだって起こりうるもので、それを完全に無くすのはほぼ不可能だと思います。

 

そのため謝罪の仕方をしっかりと決めておくのは意外と重要なことです。

 

ミスした時に慌てないようある程度謝罪の仕方は考えておくことをお勧めします。