「中野直之」直虎死後も虎松(井伊直政)を支えて井伊家を盛りたてる

 

おんな城主直虎。

第24話時点で

直虎率いる井伊家において

いつも出てくる家臣は基本3人だけ。

 

家老の小野但馬守政次、

一門衆の小野直之、

そして奥山六左衛門です。

 

このうち小野直之って

史実ではどんな人物でしょうか?

 

 

中野家は井伊家の一門衆で発言力がある家柄

 

まず中野直之が当主を務める中野家の

話から。

 

中野家は苗字こそ違いますが

井伊家の一門。

井伊家から分かれた

分家なのです。

 

そして井伊家から分かれてまだ

それほど年月が経ってないため、

井伊家の血が濃く、

その分井伊の本家に対して

ズバズバ物が言えたようです。

 

そして

直之の父直由に至っては

直虎の父である

井伊直盛が桶狭間の戦いで

戦死した後、

井伊家の当主代行として

井伊谷を治めるようになりましたが

直由が選出されたのは

井伊本家に血筋的近かったということが

大きかったようです。

 

もちろん直由が

代行としてやっていけるだけの

手腕があったのが前提だったでしょうけど。

 

 

記録があんまり残ってない中野直之

 

ようやく今回のメインである

中野直之の話です。

 

直之の父、

直由は今川家の戦に駆り出されて

その戦の最中戦死してしまいます。

 

この時、

直虎の曽祖父である井伊直平や

直虎の叔父である新野左馬之助が

相次いで死去し、

井伊家は家臣団の中心を

根こそぎ失うことになります。

 

そしてその穴埋めとして

期待されたのが中野直之なのです。

 

父の後を継ぎ、

井伊家を盛り立てなければ

いけないという想いが強かったのでしょう。

 

その想いがある故に

あの当時の常識と異なる価値観で

いろいろ行動する直虎と

対立したのかもしれません。

 

ただ直虎の政策が実際に身を結ぶと

考え方を改めて

直虎を支えるようになります。

 

しかし直虎の統治は長くは続かず、

武田家の今川侵攻が

始まる少し前ぐらいから

井伊家のさらなる苦難が

始まってしまうのです。

 

雌伏すること7年余り、

井伊家再興のチャンスを狙っていた直虎に

従っていた直之は

徳川家に仕えることになった虎松、

後の井伊直政に仕えて

井伊家を支えることになります。

 

記録によると直之は

関ケ原の合戦の後の1605年に死去。

 

既に井伊家は

徳川四天王の一家として

近江国彦根を領地とする

大名になっていた時代。

 

直之の後も

中野家は彦根藩の重臣として

井伊家に仕えることになるそうです。

 

とここまで書きましたが、

直之に関する記述って

ホント少ないのですよね。

 

だからこそ大河ドラマで

ある程度自由に直之の演出が

できるかもしれませんが。

 

直之に関しては長生きするのが

わかっているので

ある程度安心して視聴することが

できます。

 

果たして今度直之は

井伊家苦難の時代にどういう活躍をするのでしょうか?

ものすごく楽しみです。