香水の適量は1プッシュでOK!!それ以上は香害になりますよ

 

 

私みたいなアラフォー世代になると自分の臭いに敏感になります。

 

日頃から加齢臭が出ていないか細心の注意を払うようになりますし、さらに夏だったら自分の汗の臭いが気になります。

 

嫌な臭いを抑えるための手っ取り早い解決策として、すぐに思い付くはたぶん香水だと思います。

 

高い香水をたくさんふりかけたら嫌な臭いもなくなり、他人を不愉快にすることは無いだろうと思ってしまいますよね。

 

でも香水って自分で思っているほど他人にとっては良い匂いではないのです

 

それどころか付け過ぎると今度は香りの害、つまり香害をまき散らすことになって、それが原因で他人からの評価が駄々下がりしてしまう恐れもあるのです。

 

香水ってどれくらいふりかけたらいいの?

 

では香水はどれくらい付ければいいのでしょうか?

 

一般的に適量と言われているのは香水1プッシュ

 

それ以上はする必要はありません。

 

実際のところ、香水1プッシュでは自分の鼻では匂いを嗅ぎ取ることはできません。

そのため足りないと思うはず。

でもこれが大きな間違いの元らしいです。

 

身体に振りかけて自分で匂いが感じられるまでになっていたら、他人にはすごく強い臭いを与えています。

 

また男性は女性と違って体温が平均して高く、その体温で香水が周りに発散しやすいらしいのです。

 

そして自分の臭いって、加齢臭を考えてみれば分かると思いますけど、なかなか自分では臭いを感じにくいのです。

それにもかかわらず香水の匂いが自分でわかるとなるとこれは完全に付け過ぎのサイン

 

周りの人は、その臭いの強さに嫌悪感を感じ始めているかもしれません。

 

街を歩いていると香水の匂いが強いオバちゃんとかいますよね。

あなたもそんな状態かもしれないのです。

 

自分で良かれと思ってしたことが裏目に出るほど悲しいことはありません。

香水は1プッシュ。

これは絶対に守るようにしましょう。

そして自分に香水の匂いがしなくても、周りにはしっかりと匂いが漂っていることを忘れないようにしてください。

 

香水はどこに振りかければいいの?

 

量は1プッシュとわかりました。

次は付ける体の場所です。

これには諸説ありますが、個人的にお勧めは、

 

①胸のところ

②手首のところ

 

この2か所です。

 

さきほど男性は体温が高いおかげで匂いが発散しやすいと書きました。

だったらそのことを最大限利用すればいいのです。

 

手首や胸には大きな動脈が通っており、体温が比較高めとなっており、匂いを発散させるにはもっとも効率が良い場所と言えるでしょう。

 

もちろん香水に慣れてくれば自分なりに良い場所が見つかるかもしれませんが、香水を使い慣れていない人なら手首か胸で十分です。

 

あと手首に香水を振ったら、手首を身体中に付けて匂いを拡散しようとする人がいますが、そんなことをしなくても自然と匂いは温度で発散しますからやる必要はありません。

ただし手首に振りかけた後、その手首で身体中に拡散するのは精神的に安心するのですよね。

そのためやった方が安心するという方は手首で匂いを拡散するようにしましょう。

 

終わりに

 

臭いって自分では分かりませんが他人には凄い影響を与えます。

それは香水の匂いだって同じ。

香水だって使いすぎたら香害になりますので、1プッシュを心掛けてください。