東京都議選の結果からわかったこと「受け皿があれば自民党であっても危ない?」

 

昨日投開票が行われた東京都議会議員選挙。

 

結果は小池都知事の与党「都民ファーストの会の圧勝」、そして「都議会自民党の惨敗」という

結果となりました。

 

豊洲を巡る問題で迷走した小池知事。

そのため自民党も負けはしても惨敗まではいかないという予測がありましたが、結果はご覧の通り。

酷いものです。

 

ではどうしてこういう結果になったのでしょう?

そして今回の選挙の結果、自民党批判の受け皿となる政党は出現するのでしょうか?

 

一応大学では政治学のゼミに所属していたので、私の意見を書いてみることにします。

 

都議会自民党が悪者になってしまった

 

まずはこれでしょう。

これまで都議会を牛耳ってきた都議会自民党。

 

今までの好き勝手やってきたのが東京都民にバレて、しっぺ返しを受けたという感じではないでしょうか?

 

基本地方政治はどこ行っても自民党が牛耳っているところがほとんど。

だから何をするにしても自民党を頼らざるを得ません。

 

ただそれが長く続いてしまったため、都議会自民党もそれに慣れてしまい緩んでしまったのでしょうねぇ。

 

それが小池知事の誕生で潮目が変わってしまった。

 

最善の策は小池知事に引っ付いて、低姿勢にしていればここまで酷い結果にならなかったのでしょうけど、小池知事の挑発に乗ってしまい、自分から悪者になった感じがしますわ。

 

これって数年前の大阪自民党にそっくりそのまま当てはまるような気がします。

 

大阪維新の会と対立して、結果悪者に仕立てあげられた末に大敗北。

 

せっかく前例があったのですから、それを勉強して教訓にすれば良かったのですけど、豊洲問題で小池知事がずっこけたので路線変更してしまったことがマズかったですね。

 

保守系の受け皿があった

 

日本の政治って大きく分けると与党が保守系、野党が革新系という時代が長く続いています。

 

一応保守系を取りこんだ民主党なる政党がありましたが、その後継政党に当たる民進党はどう見ても保守色がなくなり、革新系に寄り過ぎな感じがします。

 

基本日本人って現状維持を好むのです。

そのため左によっていっても政権が取れるようなことはまずない。

 

だから自民党の好き勝手やることに眉を顰める人でも、自分が投票すべき受け皿がないために自民党の消極的支持となってきたのでした。

 

ところが今回、保守系の受け皿になりうる都民ファーストの会なる政党が登場した。

 

民進党や共産党に票を入れるのは躊躇するが、現在の自民党は調子に乗り過ぎ。

 

だからお灸をすえたいと思う人はこぞって都民ファーストの会に投票したと思います。

 

これって自民党には大変危ない兆候です。

 

現在の自民党安倍政権は消極的な支持の上になりたっていると言われてましたが、今回の選挙でそれがある意味正しいと証明されたのですから。

 

だって安倍政権が積極的人気があるのなら、都民ファーストにこれだけ敗北するはずがありませんからね。

 

 

では受け皿の政党が国政でも現れる?

 

保守系の受け皿となりうる政党ができれば、雪崩を打って政治が動く。

 

今回の選挙はその可能性を示したと思いまます。

 

では実際にそういう政党は出現するのでしょうか?

 

個人的にはその可能性は低いと思います。

 

理由は二つ。

まずは人材。

今回都民ファーストの会は都議会で過半数を取るため民進党などから候補を引き抜き、やっと人材を揃えました。

 

ただこの人材がホントに有用かどうかはわかるのはこれからであり、小泉チルドレンのように一定数はしょうもない奴がいることでしょう。

 

このように100人に満たない候補者を集めるだけでも玉石混交で大変なのです。

 

これが国政選挙で政権取れるくらいの候補を選挙に出すなら最低200~300人の侯をかき集めなければいけません。

さらにその候補たちの選挙を仕切る人材も合わせたら・・・。

 

理由二つ目は資金。

 

現在の日本の選挙は金がかかります。

一説には衆議院議員の選挙だったら当選するのに億単位の金が必要という説も。

 

到底一般の個人が揃えられるお金ではありません。

 

だから献金や寄付に頼ることになりますが、そんな大量のお金を献金や寄付してくれるあしながおじさんなんて今の日本にはいないでしょう。

政治資金規正法で上限が決まってますし。

 

 

以上の2つの理由から受け皿となりうる政党は当分現れないと個人的には考えます。

 

 

最後に

 

今回の選挙は安倍政権には良い薬となったと思います。

野党のしょうもないレッテル貼りであっても誠実に対応しないとこんな結果になってしまうのですから。

 

これからは今以上に懇切丁寧に政治をすすめてほしいものです。

 

 

追記(2018年7月10日)

この記事を書いたのが丁度1年前。

その後、日本の政治が大きく動きましたね。

 

あれだけ我が世の春を謳歌していた都民ファーストが総選挙での都知事の失敗に足を引っ張られる感じで大失速。

 

また民主党分裂からの立憲民主党と国民民主党の成立など、1年前には予測付かなかったことが立て続けに起こった感じです。

 

ですが前述したように現在のところ保守系の受け皿となるべき政党は現れません。

まあ、国民民主党はどちらかというと中道右派よりに人が多いので、大化けする可能性がゼロではありませんけど、やっぱり旧民主党系は民主党に所属していたという1点だけで、保守寄りの人々から嫌われています。

 

民主党政権の失政がここまで響くとは、旧民主党所属の人達も思っていなかったでしょうね。

 

たぶん現状だと、このまま安倍政権がオリンピックの後まで続きそうですね。

そしてオリンピック直前で都知事が交代しそうな気がします。