雨で濡れた革靴の乾かし方と嫌な臭いを取る方法について

 

 

梅雨の時期ってよく革靴が濡れて乾かすのが面倒なんですよね。

簡単に乾かす方法は無いのでしょうか?

 

また革靴についた嫌な臭いを一緒に取るにはどうすればいいのでしょうか?

 

 

濡れた革靴の乾かし方

 

スニーカーとかだったら水洗いした後、洗濯機で脱水して干しておけば十分です。

しかし革靴はそうはいきません。

革靴は脱水なんかしたら形が変わってしまいますので、その方法が取れないのです。

 

ではどうすればいいのでしょう?

 

 

第1工程:革靴の水分を布で拭き取って温風で乾かす

 

革靴の場合、基本は布で水分を吹き取り、あとは温風を掛けて乾かすようにしましょう。

布はできる限り水分を吸収しやすいものが理想ですが、ない場合は古いタオルなどで代用してください。

ただし古いタオルは布が硬くなっている場合が多く、水分の吸収力も落ちているはず。

また勢いに任せてゴシゴシ拭いたら革靴に傷がつく恐れがありますので、優しく拭き取ることを心がけてください。

どれくらい優しくかというと、風呂に入った後、自分の肌を拭く時より優しくするのが理想です。

 

面倒かもしれませんが、そういうことをこまめにすることによって、靴の寿命が変わってきますので。

 

温風に関してはドライヤーが一般的ですけど、個人的にはずっと温風を掛けているのが面倒ですので浴室乾燥を使っています。

 

ドライヤーと比べると時間はかかりますけど、乾かしている時間他のことができますので結構お勧めです。

 

第2工程:新聞紙を丸めて靴の中に入れる

 

温風当てた後は仕上げとして靴の中に新聞紙を詰めましょう。

 

現在はクッキングペーパーの方が水分の吸収が早いらしいですけど、クッキングペーパーは臭いが残る気がするので、個人的にはインクの香りで臭いを中和してくれる新聞紙の方を推します。

 

それでも臭いがこもっている感じがするなら、10円玉を3,4枚乾かした靴の中に入れておきましょう。

 

10円玉の原料である銅は、臭いの大元である雑菌を繁殖させない成分があるので靴に中に入れておくと雑菌が増殖できず、その結果嫌な臭いの供給源が止まってある程度臭いが消えてくれるのです。

 

10円玉は大抵の方がもっているはずなので簡単にできるはずでしょう。

 

それでも臭いが取れない場合は?

 

乾かした後、新聞紙を入れたり、10円玉を入れたりすれば、革靴についた嫌な臭いも取れるはずです。

 

でも万が一まだ臭いが取れない場合はどうすればいいのでしょうか?

 

某サイトにには雑菌の供給を完全にシャットアウトするために冷凍庫などで凍らせるという方法を推奨していますが、さすがに外で履いている靴を冷凍庫に入れるのには抵抗がありますよね。

 

たとえ袋に入れた状態で冷凍庫に入れたとしても。

 

 

個人的には新聞紙や10円玉で駄目なら、脱臭剤を購入してそれを使うべきだと思います。

 

脱臭剤はそれほど高価ではないので、下手すると靴を入れるためにジップロックなどを買うより安くつくかもしれませんし。

 

あとは雑菌の天敵の酸性のものを靴の中に入れるという手もありますが、折角乾かした靴がまた濡れることになるのであんまりお勧めできません。

 

終わりに

 

以上が革靴の乾かし方と臭いの取り方になります。

 

面倒かもしれませんが、しっかり手入れすることで革靴に寿命が変わってきますので是非やってみてください。

 

ただこの方法を用いても、濡れていた時間が長いと、靴の内部まで水分が入り込んでしまい、カビが発生する可能性があります。

 

仮にカビが発生した場合は、布でカビを拭き取り、日陰に干す様にしてください。

できれば日光の当てて日光消毒したいところですが、日光に当ててしまうと革靴に色が変わってしまう恐れがあるのでお勧めしません。

 

拭き取りと日陰の干すことをしっかりとやってカビの再発生を防ぐようにしましょう。