マスターキーの紛失を防ぐため賃貸物件に入居したらすぐに合鍵作るべき

 

賃貸物件に入居したらいろいろやることがありますが、私はまず合鍵作ることをお勧めします。

その理由について、また合い鍵はどこで作ることができるか、以下で説明いたします。

 

 

スポンサーリンク

なぜ合鍵を作る必要があるか?

 

賃貸物件の場合、入居する際にマスターキーを1本ないし2本貰うことになりますが、これはあくまで借り物であり、退去する際は返還しなければなりません。

 

もちろん無くさなければいいのですど、人生何が起こるかわかりませんからね。

 

もしマスターキーを紛失した場合、退去するときはマスターキーの返還ができませんので、その代わりに部屋の鍵の替える費用を弁償しなくてはいけなくなります。

 

どういう鍵なのかで費用は変わってきますが、一般的な相場は1万円から3万円の間くらい。

これはマスターキーを返還できれば必要ないお金なのです。

 

そのため紛失しない自信がある方でも合鍵を作ることをお勧めします。

 

スポンサーリンク

合鍵はどこで作れる?

 

当然鍵屋さんに行けば作成してもらうことができますが、大型のショッピングセンターなどにある時計や靴などの修理を請け負う店舗などが合鍵作りも請け負っている場合があるのでそういうところに依頼するようにしましょう。

 

合鍵の値段は

昔ながらの古いタイプの鍵なら1000円以下

ちょっと新し目の鍵なら2000円ぐらいになるようです。

意外と高いですが退去するときに万単位のお金をとられるよりはマシです。

 

 

スポンサーリンク

マスターキーは重要品と一緒に保管しておく

 

合鍵を作った以上、マスターキーを使う必要はないのでしっかりと保管するようにしましょう。

しかし保管する場所などを忘れては合鍵作った意味がなくなるので忘れないようなところに保管してください。

 

個人的には通帳や宝飾品をしまっているところに一緒に入れておくことをお勧めします。

そこなら絶対に入れたこと忘れないでしょうから。

 

また鍵を収納した場所を紙に書いて、どこかに家の中で目立つところに貼っておくという手も有効です。

来客を通す客間などに貼る訳にはいきませんが、ベッドルームの壁でベッドの脇に貼っておけばお客さんに見られることはないでしょう。

 

もちろん保管場所を忘れない自身があればこんな事する必要はないですけど、私の経験から言わせてもらえば、かなり高い確率で忘れると思います。

人間で重要ではないと認識した情報は忘れやすい傾向にありますから。

 

 

スポンサーリンク

合鍵を作った場合、貸主に言う必要はある?

 

合鍵を作る場合、貸主の許可は必要なのでしょうか?

通常賃貸物件の所有権は貸主に属し、貸主の許可が必要なのが原則です。

 

ただ貸主の本音を言えば、いちいちそんなことの許可を求められても面倒なだけ。

それに合鍵を作る目的は、マスターキーの紛失を防ぐために合鍵を通常利用するため。

 

こういう場合は貸主もまず反対しません。

そのため仮に借主が勝手に合鍵を作って、それを貸主が気付いたとしても黙認する場合が多いと思います。

 

もうどうしても気になるという方は、合鍵を作る許可を貸主に貰うようにしましょう。

 

 

 

スポンサーリンク

終わりに

 

合鍵作るのにはお金がかかり、さらに作ってもらうために作ってくれる店舗まで行く必要があります。

ホント面倒ですけど、マスターキーを無くしてしまうリスクを考えると面倒でもやる方が良いでしょう。

 

ちなみに私は一度マスターキーをどこかに落としてしまって、鍵の替える代金を弁償したことがあります。

その時は確か1万5000円だったと思います。

 

賃貸物件の場合は退去時現状回復するのが基本であり、マスターキーの返還はその一環となります。

 

ですのでそれから逃れることはできません。

マスターキーは無くすものと諦めた場合は別ですがそうでないのなら、合鍵使ってマスターキーはしっかりと保管するようにしましょう。