史実の片桐且元はしたたかさを持った武将だった?

 

去年、

楽しみに視聴していた大河ドラマ真田丸。

その真田丸に出てくる人物はみんな個性的で

魅力をそれぞれ持っています。

そんな中でも私が注目していたのが

片桐且元さんです。

 

ある回では、

昌幸の奥方と一緒に

病床に伏している鶴松のために

丸薬作りに奔走しますけど、

余計なことして足を引っ張る姿が

滑稽で良い味出していました。

 

そんなちょっと抜けている

片桐且元さんですけど、

この人物

史実では結構したたかだったことを知っていますか?

 

どっちが勝っても

 

さてみなさんは

関ヶ原の合戦をご存知ですよね。

 

そう徳川家康と石田三成が

天下を掛けて戦った合戦です。

 

石田三成としては

このままだと徳川家康の勢力が拡大して

秀吉の遺児である秀頼が危ないと考えて

挙兵したとも言われています。

 

ただこの関ヶ原の合戦に

豊臣家は直接関係していないのです。

 

もちろん三成は

豊臣家のためという大義名分で

宇喜多秀家や毛利輝元を

自分たちの陣営に招いていますので

その点から見れば

関係しているようにも見えます。

 

でも実際のところ

豊臣家自身は何もしていないのです。

 

 

これに関しては、

負けたときのことを考えて三成が

敢えて豊臣家に援助を求めなかった

という説がある一方、

大坂城を仕切っていた片桐且元が

裏から手を回して

三成に味方しないようにした

という説もあるのです。

 

 

片桐且元は

もともと静ヶ岳の7本槍の一人であり、

どちらかというと

加藤清正や福島正則などの武断派に近いと

言われていました。

 

また徳川家康とも

懇意にしていたとも言われていますし、

そのことを考えると

且元が裏で暗躍して豊臣家が三成の味方を

しないようにしたとしても

おかしくはありません。

 

そして食えないのは、

且元は自分の弟を三成の手助けとして

差し向けているという点です。

 

自分は三成の味方はしないけど、

親族を三成の味方として送りこむ。

西軍と東軍どっちが勝っても

大丈夫なようにするのは

真田家を彷彿とさせます。

 

関ヶ原の合戦はみなさんがご存知のように

徳川方である東軍が勝利して幕を閉じます。

 

且元は合戦後

すぐに東軍の味方であることを明らかにして

戦後領地の加増を受けます。

ほんとしたたかです。

 

その後三成という

目の上のたん瘤がいなくなり、

且元は大坂城を仕切る立場として

権力を振るいます。

 

一応淀君とか

大野治長みたいな人達もいますけど

あの人達

それほど賢くありませんからね。

 

秀吉子飼いの家臣であり、

武功もあり、

官僚としての能力もある且元からすれば

淀君たちをあしらうことぐらい

容易だったと思います。

 

且元が出ていったら豊臣家が滅んだ

 

でも良い時代は長くは続きません。

豊臣家を何とか潰したい家康は

次々にいちゃもんつけて

戦う口実を掴もうとします。

 

且元はそのいちゃもんを

跳ね除けていきますけど、

家康の術中に落ちた淀君たちと

対立して大坂城から

追い出されます。

そしてこのことが

大坂冬の陣の直接の原因の一つとなったのです。

 

 

大坂冬の陣、

その次の大坂夏の陣を経て

豊臣家は滅亡します。

 

且元は豊臣家が滅んだあとすぐに

死去しますけど、

豊臣家の滅亡の原因を自分で作ってしまったと

悔やんで自決したという説もあるみたいです。

 

でもホントに悔やんでいたのでしょうか?

 

豊臣家が大事ならば関ヶ原の時に

豊臣家を動かして

三成をバックアップすれば良かったのですし、

そもそも合戦の後

東軍に味方すると決めた時点で

豊臣家を半ば

見限っていた感じがしますけど。

 

恩を感じたのは秀吉より家康?

 

静ヶ岳の7本槍のうち、

加藤清正や福島正則たちは

大名に取り立てられ

多くの領地を貰いました。

 

また石田三成や大谷吉継のような

豊臣政権の官僚ですら

数万石の領地を貰っています。

 

その一方秀吉の近くにいた且元は

数千石の領地しか

秀吉からは貰えませんでした。

 

もちろん領地が貰えなかったからといって

すぐに秀吉を恨むことは無いでしょう。

でも同輩がたくさん領地を貰っているのに

どうして俺だけ貰えないんだと

普通思いますよね。

 

無能だったら仕方ありませんけど、

且元は武功をあげていますし、

官僚としても

数々の手柄を上げています。

それに無能だったら

秀吉が死ぬまで側近を勤めることはできません。

 

且元が数万石の領地を貰って

大名になるのは

関ヶ原の合戦以降の話です。

 

そう秀吉は領地くれなかったけど、

家康はポンっと且元に領地をくれて

大名にしてくれたのです。

 

落ち目の豊臣家に対して

日の出の勢いの徳川家。

そして徳川家は気前がいい。

どっちのつくべきかは

言うまでもありませんね。

 

だいたい忠義とか忠誠が

声高に叫ばれたのは

江戸時代以降の話であり、

まだ戦国時代の名残があった

安土桃山時代だったら

裏で徳川方に転じていても

非難されるいわれはないのです。

 

ドラマではコミカルなちょっと天然さんみたいな

且元ですけど、

史実の且元は

かなりしたたかな感じがします。