『今川氏真』今川家が滅んだ後は仇敵の世話になっていた!!

スポンサーリンク

 

 

現在放映中のおんな城主直虎。

その直虎を追い詰めるのが

今川家の当主今川氏真です。

 

物語の最初の方は

何もできない放蕩者のような

イメージでしたが、

祖母である寿桂尼が死去した後は、

ようやく今川家の当主としての

自覚が出てきて、

裏で徳川と繋がっている直虎は

ジワジワと追い込んでいっています。

 

 

さて今後、

今川家は武田家との戦いとなり、

没落していくのですが、

肝心の氏真がどうなったか

あなたは知っていますか?

 

今回は武田家と戦った後、

氏真がどうなったのかを

書いていこうと思います。

 

 

 

スポンサーリンク

親父の仇の前で蹴鞠を披露

 

武田家と徳川家が

同時に侵攻してきたことにより、

それを支えられなかった氏真は

遠江国の掛川城に逃げ込みます。

 

掛川は井伊直親が謀殺された場所。

何か井伊家との因縁を感じますね。

 

さてこの掛川城は堅城として知られており、

家康もなかなか落とすことができません。

そこで家康は氏真に、

家康が駿河国を武田家から奪取したら

駿河国を氏真に渡すと約束して

掛川城から退去して貰うことに成功します。

 

この当時、

武田家と徳川家は

今川家の旧領をどう山分けするかで

関係が悪化しており、

だからこそこんな約束を

氏真と結んだのでしょうね。

 

 

掛川城を退去した氏真は

わずかな家臣と家族を連れて

妻の実家である小田原の北条氏を

頼って落ち延びます。

 

でもそこも安住の地とは

なりませんでした。

 

北条家は後に

武田家との関係を修復し、

その証として

匿っていた氏真を

北条領から追い出したのです。

 

この時の北条家の当主は

北条氏政。

その去年の大河ドラマ「真田丸」で

高嶋政伸さんが怪演したあの御仁です。

 

北条氏政からすれば

氏真は義理の弟に当たりますが

自分の家の安泰のためなら

弟であっても容赦はないのでしょうねえ。

 

まあ殺されないだけ

まだマシですけど。

 

 

北条家を追い出された氏真が

次に頼ったのが家康です。

 

かつて部下だった家康を

頼ることで

たぶん氏真のプライドも

ズタズタになったのでしょうけど、

背に腹は代えられないですから。

 

そしてたぶんこれで

吹っ切れたのでよう。

 

さらに氏真は家康を通して

父今川義元の仇、

織田信長と和睦し、

さらには信長の願いで、

信長の前で蹴鞠を披露します。

 

このことは信長の生涯が記されている

信長公記にも書かれており、

信ぴょう性は高いようです。

 

でもここまでやるかと

思ってしまいますよね。

 

スポンサーリンク

家康の庇護の下天寿を全うする

 

その後も家康の庇護を

受け続け、

家康が天下人としてなるを

見届け続けます。

 

そして1615年12月、

77年の生涯を閉じますが、

既に直虎はなく、

それどころか虎松(井伊直政)

さえも既に死去しており、

どれだけ長生きしたのかが

よくわかります。

 

氏真が死亡した後も

今川家は徳川家の庇護の下

続いていくことになり、

結果的に

氏真は戦国大名としての

今川家を潰してしまいましたが

家名の断絶だけは免れました。

 

これはよくやったと

褒めていいことだと

個人的には思います。

 

だって家名さえ守ることができなかった

戦国大名なんてたくさんいますからね。

浅井、朝倉、斎藤、など。

 

それ考えたら

氏真はすごいですわ。

 

もちろん、

それを言ったら徳川家の

譜代大名の筆頭にまで上り詰めた

虎松はさらに凄いことになりますけどね。