公務員が「ヤミ民泊」を運営して懲戒処分を受けたらしい

スポンサーリンク

 

 

最近民泊に関する

ネガティブなニュースが

どんどん増えているような気がしますが、

やっぱりまだまだ問題がある制度だから

なんでしょうかねえ。

 

 

名古屋市職員、ヤミ民泊で懲戒処分 「投資の一環」

名古屋市は10日、賃貸マンションを借りて、無許可で旅行者らに貸す「ヤミ民泊」をしていた交通局の男性主事(40)=三重県桑名市=について、地方公務員法違反(営利企業などの従事制限)にあたるとして減給10分の1(6日間)の懲戒処分とし、発表した。  市によると、主事は2015年10月~17年2月、名古屋市中区の賃貸マンション2部屋を借り、民泊の仲介サイトを通して旅行者らに貸し、約830万円の収入を得ていたという。

 

2017年8月10日 朝日新聞のサイトより引用

http://www.asahi.com/articles/ASK8B4V84K8BOIPE01N.html

 

 

名古屋市の公務員が

役所に黙ってヤミ民泊を運営しているのが

バレて

それが原因で懲戒処分を

食らったようです。

ちょっと処分が軽すぎる感じは

しますが。

 

まあ、公務員は副業禁止なので

バレたら処分されるのは当たり前であり、

自業自得と言えるでしょう。

 

それに加えて問題なのは

民泊をやるにあたって

届け出をしていない

ヤミ民泊だったということです。

 

民泊はこの間合法化されたばかりですが

届け出をしない限り、

非合法の民泊、

いわゆるヤミ民泊になってしまうのです。

 

当然届け出をしていないので

国が定める基準に達していない

可能性が高く、

いろいろと問題があるのです。

 

まあ今回の場合は、

民泊を営んでいた期間が

民泊合法化前だったようなので、

届け出すること自体できなかったかも

しれませんが。

 

 

それにしても

やっぱり民泊って儲かるのですね。

賃貸住宅2部屋で

830万円も売り上げがあるなんて。

それも1年ちょっとの期間で。

 

家賃などの必要経費を差し引いても

かなりのお金が手元に残るはず。

 

そりゃあ民泊は儲かると

ネットで話題になるはずです。

 

 

あと今回、

民泊しているのがバレたのは、

近隣住民から保健所に通報があって、

保健所が動いた結果のようですね。

 

 

巷では保健所に通報しても

全然改善されないという意見もあるようですが

保健所が動いて

民泊を潰す契機になることが

あるようですね。

 

民泊が合法化されたといっても

まだまだヤミ民泊が横行していますので

もし近隣で非合法の民泊を営んでいると

思われるところがあるならば

保健所や役所に通報するようにしましょう。