井伊家を罠にハメた「近藤康用」の一族は史実でも井伊家に嫌われた?

 

 

井伊谷を自分のものにするため、井伊家を罠にハメた近藤康用。

そのために直虎は自らの手で小野政次を始末しなければいけなくなり、政次ファンからの恨みを一手に集めている感じですね。

 

でももちろん、あれはドラマ上のフィクション。

 

実際の史実では、今川家の力を背景にして井伊家を占領していた政次を近藤康用ら井伊谷三人衆が倒し、井伊谷を解放したということになっています。

 

その辺をドラマは政次を良い人扱いするため、上手く処理してましたね。

 

では実際の歴史の近藤家はどういう家だったのでしょうか?

実はこの近藤家、康用の次の代の秀用の時代に井伊家の恨みを買ってかなり苦労したのです。

今回は波乱万丈の近藤家の歴史を見てみましょう。

 

近藤康用は家康の命令で井伊谷を占領しただけ

 

 

史実の近藤康用ってあまり記録がないのですよね。

遠江国の国人として今川家に従っていましたが、徳川家が遠江に侵攻してくると近隣の菅沼家や鈴木家と共に徳川家に寝返ります。

 

そして今川方として井伊谷を占領する小野政次を攻撃、小野政次を追い出して井伊谷を占領します。

 

でもこれは康用が領土欲にかられてやって訳ではなく、徳川家つまり家康の命令だったのです。

 

そして康用は政次を捕らえ、その妻子と共に処刑することになります。

これは政次が今川方として康用たちに抵抗したのが原因。

康用が政次に恨みがあったかどうかは記録に残っていません。

 

なお小野政次に関しては別に記事を作っているので、そちらを参照してくだい。

 

【おんな城主直虎】歴史上の『小野政次』が大河ドラマの設定と違い過ぎて辛い
この記事は現在放映中の大河ドラマ 「おんな城主直虎」のネタバレを含んでおります。 ドラマを楽しんでいる方は 読まないことをお勧めします。 ストーリーが分かると 一気に興ざめするか...

 

 

さて井伊谷を占領した康用ですが、自分は足の鉄砲傷の具合いが悪く、出陣もおぼつかなくなったため、息子の近藤秀用を従軍させて近藤家の徳川家に対する忠誠をしめします。

 

その後武田家の遠江侵攻などもありましたが、何とか乗りきり、康用は1588年、隠居していた井伊谷でその生涯を閉じます。

 

 

井伊家から冷遇される秀用

 

井伊家は近藤康用へ対し恨みを持つことも、また康用から逆に恨みを買うこともなかったようです。

しかしその一方康用の子である秀用に対して、井伊家はかなり恨みを募らせたことがわかっています。

 

父康用の代わりに徳川家の戦に従軍いた秀用は各地の戦いで戦功を挙げて、近藤家の武名を高めます。

 

そして家康はこの秀用を井伊直政の陪臣とします。

 

陪臣というのは、一種のお目付け係兼応援部隊みたいなもので、一応井伊家の命令に従いますが本籍はまだ徳川家にあるって感じです。

 

もともと近藤家も井伊家も同格の国人だったのに井伊家に下風に立たなければいけなくなった秀用は何を思ったのでしょうか?

 

普通なら面白くないと感じるはずですよね。

 

ただまだ陪臣なので秀用も我慢できたのでしょうけど、井伊家を強化して徳川家を支える支柱にしたい家康は、秀用に対して陪臣から正式に井伊家の家臣になるよう命令します。

 

しかし秀用はこれを拒否し、あくまで徳川本家の家臣のままがいいと、井伊家を飛び出してしまいます。

 

秀用の勝手な振るまいにさすがの家康も激怒し、徳川家から追い出されることに。

 

また同時に井伊家の面目を潰したことになりますので、井伊家からかなり恨みを買ったと推測できます。

 

徳川家と井伊家から恨みを買った以上、近藤家はおしまいとみんな思ったでしょうが、秀用はまだ運を持っていました。

 

関ケ原で受けた鉄砲傷で直政が死去すると、秀用の武勇を惜しんだ徳川秀忠に乞われて秀用は徳川家に復帰したのです。

 

そして家康の娘婿である池田輝政の仲介で、家康の勘気を解くこともできた秀用は大阪夏の陣で戦功を挙げます。

 

その結果、秀用はその功績を認められて遠江国井伊谷を領地をして与えられて井伊谷藩を設立します。

 

井伊家に恨まれた秀用がその井伊家のルーツとも言うべき井伊谷を与えらえるとはすごい皮肉ですよね。

 

終わりに

 

大河ドラマのストーリー本などを読むと近藤康用はかなり可哀想な終わり方をするようですけど、史実ではそうではありません。

 

井伊家に恨みを買ったのは、息子の秀用の方でドラマではそのことを踏まえて近藤家を井伊家の仇敵にしたのでしょうね。

 

大河ドラマの中の近藤家、そして実際の歴史の近藤家。

調べてみると本当に面白いです。

もっと詳しいことを知りたいかたは是非関連書籍などを購入して自分で調べてみてください。