「家賃1000円の賃貸物件」は企業頼りの闇を現するものだった!!企業や大学が撤退した場合、オーナーはどうするべきか?

 

 

キレイな1kのアパートが1か月1000円で借りることができる。

 

この話を聞いた人100人中99人くらいは怪しいと思うはずです。

私だってこの話を最初聞いた時に絶対事故物件だと思いましたもん。

 

そうじゃないとこんな馬鹿な値段設定する訳ないと。

でも実際、この部屋は事故物件でも何でもない普通の部屋だったのです。

 

 

ではどうしてこんな値段設定かというと・・・。

 

 

「家賃1000円」の激安物件…大家を心配する声も

 

バス・トイレ別で「1000円」
大分県国東半島の南端部に位置する杵築市で、築13年の1Kアパートが賃料0.1万円(1000円)、管理費3700円で賃貸に出されている。

JRの駅からは徒歩13.7キロメートルと離れているが、バス停から徒歩1分。バス・トイレ別で、室内洗濯機置場にクローゼット、洗面台にエアコンと設備は充実。面積も26.49平方メートルと、一人暮らしには十分な広さだ。

 

工場撤退で空室が増加

同市にはかつてキヤノングループの製造工場があり、そこで働く従業員向けの賃貸物件が次々と建設された。

しかし工場の撤退で多くの非正規従業員が失職し、アパートの空室が増加。融資先であるJA杵築は経営難に陥り、JAおおいたに吸収合併された。

同市の物件を扱う不動産サイトを見てみると、話題になった物件以外にも月2千円や5千円など破格の低家賃で賃貸に出されている物件が複数掲載されている。

 

ライブドアニュースより引用

綺麗な1Kアパートが1000円で賃貸に ネットでは大家を心配する声も - ライブドアニュース
まだ綺麗な1Kアパートが「1000円」で賃貸に出されており、話題になっている。バス・トイレ別で「1000円」大分県国東半島の南端部に位置する杵築市で、築13年の1Kアパートが賃料0.1万円(1000円)、管理費3700円で賃

 

 

実はこの部屋、誰も借りる人がいないので仕方無くこの値段設定していたのです。

 

その点では事故物件と同じですが、事故物件と異なるところは部屋自身とは全く関係無い要因で借りる人がいないということ。

 

 

引用した記事によると近くにあった某メーカーの工場が閉鎖となった結果、勤めていた派遣従業員などが一斉に町を出ていき、誰も借りる人間がいなくなったらしいのです。

 

確かに自分の地元でもないのに仕事がなくなってもそこに居続ける必要はありませんからね。

代わりに働けることができる場所が町内にあれば別ですが、そんなところはないでしょうし。

出ていくのが当たり前ですわ。

 

そのため、企業需要を当てにして建てられた賃貸物件は空き室ばかりとなって、二進も三進も行かなくなったと。

 

 

 

同じことは他でも起こりえる

 

企業の工場などができるとその需要を当て込んでたくさんの賃貸物件ができますが、その工場がなくなれば一気に需要もなくなるのは当たり前です。

 

工場だって景気に影響を受けるので永遠に操業する訳ではないのです。

 

そして同じようなことは企業に限りません。

 

例えば大学とかも同じ構造です。

少子化が進んでいる中、少数ながらも大学や短大の破たんが起こっています。

 

当然学校がなくなればその需要を当て込んでいた賃貸物件も大きな影響を受けることになります。

 

もちろん大学の撤退は中小零細の大学に限りません。

有名私大だって郊外のキャンパスから撤退して、メインキャンパスに機能を集中する動きになっています。

青山学院や中央のことがニュースになっていましたよね。

 

企業や大学頼みの需要っていつなくなるかわかりません。

もう作っちゃった人は仕方ありませんが、今から銀行から融資を受けて賃貸物件作ろうと考えている方はもう一度しっかり検討することをお勧めします。

 

それと銀行の担当者の言うことはあんまり信用しないようにしましょう。

向こうもお金を貸すのが仕事ですので、デメリットに関してあんまり話したがりませんから。

 

 

 

工場や大学が撤退した場合どうするべき?

 

工場や大学をあてにして賃貸物件を建て、それらが撤退した場合どうすればいいのでしょうか?

 

まず銀行などの金融機関から借金している場合は、借り換えで利息が安くならないか調べてみましょう。

そして安くなる場合は、借り換えなどを実行して、月々の支払額を減らしてください。

工場や大学の撤退すれば家賃が入ってこなくなるので。

 

そのうえでどうするか考えましょう。

大事なのは立地です

 

もし代替需要を期待できる工場などがある場合は、不動産業者などに物件の媒介を依頼しましょう。

また工場を運営する企業に、寮としての利用を売り込んでみてもいいかもしれません。

当然安い賃料にしなければ契約してもらえないでしょうけど、空き部屋になって収入ゼロになるよりはマシ。

それに寮になれば、まず家賃のとりっぱぐれはないでしょうからね。

 

一方代替需要を期待できるような施設がない場合は、売却を考えましょう。

その場合は一般の流通価格よりかなり下げて売り出す必要があります。

時間を掛けると他の賃貸物件所有者も同じように処分するようになる可能性がありますからね。

これはスピード勝負です。

 

もちろんいつかは需要が戻ってくると考えて、そのまま保有するという手もあります。

ただ賃貸物件にも税金が掛かりますし、人が住まないと建物はすぐに傷み始めますのでメンテナンスするためにそれにも費用がかかります。

 

需要が戻ってくるまで支えることができる資本があるならば別ですが、ない場合は少し足が出てもさっさと処分するようがマシだと個人的には考えます。

 

ともかくどうするかは早めに決断を出すようにしましょう。