今年の大河ドラマで酒井忠次が悪く描かれるのは必然だった?

 

日本の時代劇ドラマって善悪の二元論が受けるのですよね。

例えば水戸黄門や遠山の金さんとかを見ればよくわかると思います。

 

その点は大河ドラマでも同じです。

一度脚本家にロックオンされた人物は、脚本家のさじ加減で史実に反しない形で悪いようにも良いようにも描かれてしまいますので。

 

そして今回の大河ドラマ「おんな城主直虎」。

 

最近の回では井伊谷三人衆の一人である近藤康用が、明らかに悪役っぽく描かれていますよね。

 

史実での近藤康用は、徳川家から命じられて井伊谷城を預かっただけなのに。

 

基本井伊家と対立したのは康用の息子の秀用なのに。

 

そして前回、もう一人悪役として描かれるのが確定した人物がいます。

 

それが徳川家康の重臣、酒井忠次です。

 

しかし近藤と違って酒井忠次に関しては、おそらく悪く書かれることが前もって確定していたように思えます。

 

だって井伊家が最終的に徳川幕藩体制で譜代大名筆頭になれたのは、酒井家の没落が大きく影響していますから。

 

一応この記事はネタバレを含みますので、大河ドラマを楽しみにされている方はこれ以上読まないことをお勧めします。

 

 

スポンサーリンク

酒井忠次は徳川家第一で行動しただけ

 

酒井忠次は徳川家康の股肱の家臣の一人であり、今川家から独立を果たした当初は石川数正とともに徳川家の家中をまとめる存在でした。

 

そのため徳川家の存続を第一と考える節があり、それを少なからず実行に移しています。

 

それが一番現れているのが家康の長男である信康とその母である瀬名さんの話です。

 

信康と瀬名さんが武田家と密通しているという噂が出回り、それが信長の耳に入ることになります。

 

その当時織田家は武田家と対立しており、武田家との密通が真実なら信長が許せる訳ありません。

 

さらに一応織田家と徳川家は同盟関係にありますが、実際の力関係から考えると徳川家は織田家に逆らえないのです。

 

当然家康は織田家に弁明の使者を送ります。

そしてその使者に選ばれたのが酒井忠次でした。

 

信長はやってきた酒井忠次に信康と瀬名さんの殺害を命じます。

密通しているのならそれを排除するのは当たり前。

当然の命令だと言えます。

 

しかし実際には信康も瀬名さんも密通はしていなかったと言われています。

たぶんそれは忠次もわかっていたのでしょう。

 

落ち目の武田家と結んでも信康や瀬名さんに何のメリットもありませんから。

 

でも信長の怒り具合いを見た忠次は、ここは弁明するよりは無実の罪であっても信康と瀬名さんを死罪にした方が徳川家のためになると考え、一切弁明しなかったと言われています。

 

たぶんそれに加えて瀬名さんが今川家の血を引いていることも、今川家嫌いの忠次が

積極的に弁明しなかった理由だったとも思えます。

 

忠次は徳川家の前身である松平家の独立のため頑張ってきました。

そしてそれを邪魔してきたのが今川家です。

その血を継いでいる瀬名さんと信康は、心のどこかで許せなかったではないでしょうか?

 

 

忠次が弁明らしい弁明をしなかった結果、家康は泣く泣く信康と瀬名さんを殺害して信長の怒りを解くことに成功します。

 

 

スポンサーリンク

因果応報が忠次を襲う?

 

しかしこの一件で家康は忠次に対する評価をかなり下げることにしたようです。

 

この後、忠次とその息子である家次の扱いが軽いものとなります。

 

それがはっきりわかるのが秀吉の命令で徳川家が関東に移封となった時です。

 

これまでの功績によって酒井家を除く徳川四天王の各家(井伊、本多、榊原)は、いずれも10万石以上の領地を与えられたのに対して、酒井家に与えられたのは3万石。

 

さすがにこれにはキレた忠次が家康に文句を言いますが、それに対して家康が言ったのは、

 

「おまえも我が子がかわいいか」

 

の一言だったらしいのです。

 

これは明らかに忠次が信長に弁明しなかったことへの意趣返し。

 

徳川家を第一に考えたことが、酒井家にとっては仇となったのです。

 

ただ酒井忠次が家康の恨みを買ったのは井伊家のとっては幸運となりました。

 

だって酒井家がこけたおかげで井伊家の比重が増して、後に彦根35万石の大藩となることができたのですから。

 

もし酒井忠次が必死に弁明して信康や瀬名さんの命を救っていたら、彦根藩の藩主は井伊家ではなく、酒井家だったかもしれませんね。

 

 

スポンサーリンク

瀬名さんを死に追いやったのだからこの際悪役に

 

今年の大河ドラマの中では直虎と瀬名さんは親友のように描かれています。

しかし前述したように忠次が弁明しなかったせいで瀬名さんは家康に殺されてしまいます。

 

つまり忠次は直虎の親友を死に追いやった憎い男。

だったら他の罪も被せちゃえ。

というな感じになったのではないでしょうか?

もちろんこれは憶測ですけど。

 

徳川家のために一生懸命働いたのに後世にこんなことなるとは忠次本人は不本意でしょうけど、視聴率のためには仕方ないのかもしれません。

 

是非これ以降、徳川家のためを思って行動していることを十二分に描かいて欲しいですね。

たぶん無理だけど。

 

 

※追記

一応忠次が徳川家のために頑張っているとわかるようなシーンがありましたね。

ただあの描き方だと視聴者のほとんどは忠次のことに関心を示さなかったと思いますが。