転売ヤーが憎悪を集める理由を考えてみた

 

 

現在大人気のゲーム機について

転売が酷く、

なかなか欲しい人の手元に

届かないという記事がありました。

 

しかし今に始まったことではありませんが

ホント転売ヤーって評判悪いですよね。

 

でもどうしてここまで

嫌われているのでしょうか?

自分的にいろいろ考えてみました。

 

他人の機会を奪っているのが原因?

 

個人的には、

ホントに欲しい人の枠を奪っていること

嫌われる第一の理由だと思います。

 

 

予約販売は個数が決まっており、

その個数以上に欲しい人がいれば

当然予約できない人が出てきます。

 

この場合、

ホントにその商品を欲しいと思っている人と

競争して敗北したのだったら

ある意味納得できたのかもしれません。

 

しかし競争して敗北したのが

商品に何の思い入れが無く、

ただ転売すると

儲けられるという点だけに着目している

転売ヤーだから嫌な気分になるし、

転売ヤ―に嫌悪感を抱くのだと思います。

 

その上、その商品をゲットしたいなら

転売ヤーから購入するしかありませんので

余計嫌悪感が増幅されるのではないでしょうか。

 

法律で罰することができないことも

あと一つ、

転売ヤーが憎悪を集める原因は

たぶん現行の法律で罰することができないことも

あると思いますね。

 

物の商売の基本は

生産者が作ったものを仕入れて、

それを消費者に売ることです。

 

でもこれって

ほぼ転売する過程と同じですよね。

だから転売を禁止すると

物の売買をできなく恐れがあるのですよ、

原理的にはほぼ同じなので。

 

もちろん転売を狙い撃ちにして

法律を作ることも可能でしょうけど、

そしたら今度はどこまでが普通の商売で

どこからが転売になるのか

しっかりと定義しなければいけません。

しかし定義すること自体、

普通の商売と転売が似ているので

かなり困難となるはずです。

 

結局打つ手なし。

だから倫理的道義的にしか

転売ヤーを叩く手段がないことも

転売ヤーに憎悪が集まる理由だと思います。

 

 

終わりに

 

まあ欲しい人が多い商品は

転売ヤーが商売にできないくらい生産してくれたら

一番良いのでしょうけど、

需要と供給を完全に一致させることは

ほとんど無理ですからね。

 

また転売の温床になっていると言われている

サービスを誰も使わないようにすれば

転売ヤーを淘汰できるかもしれませんけど、

お金に糸目を付けず買いまくる人が

自重する訳ありませんからね。

 

だから現状どうしよもなく、

今日も転売ヤーたちは稼ぐのです。

 

たぶん転売ヤーが稼げば稼ぐだけ

憎悪が集まるという構図は

変わらないと思います。