「日本も一院制にすべき」という意見が出ているけど無理じゃね?

 

野党第一党の民進党がゴタゴタしていることもあり、なぜか話題を掻っ攫っている感のあるいわゆる小池新党。

 

まだ成立すらしていないのですけどね。

で、その幹部に就任する予定の若狭勝衆議院議員が新党の目玉政策の1つとして、一院制の導入を掲げたらしいです。

 

 

「一院制」導入を柱に 若狭氏、新党結成へ政策発表

小池百合子東京都知事の側近、若狭勝衆院議員は14日、年内の結成をめざす国政新党について、いまの衆参二院制を一院制に変えるための憲法改正を政策の柱に掲げる方針を発表した。新党結成に向けて協議している細野豪志元環境相や小池氏も賛同しているという。国会内で開いた記者会見で「一院制に反対する人は新党のメンバーになることはない」と語った。

若狭氏は一院制の導入で国会議員の数を200人以上減らせると主張。衆参両院の事務局の統合で国会運営費を削減できるほか、審議時間が短くなり「(法案などの)議決がスピーディーになる」と強調した。「国会議員は自分の議席があるので一院制の導入に消極的だ。『しがらみ政治』脱却の象徴として取り組んでいく」とも述べた。

 

2017年9月14日 日本経済新聞のサイトより引用

「一院制」導入を柱に 若狭氏、新党結成へ政策発表
小池百合子東京都知事の側近、若狭勝衆院議員は14日、年内の結成をめざす国政新党について、いまの衆参二院制を一院制に変えるための憲法改正を政策の柱に掲げる方針を発表した。新党結成に向けて協議している細

 

 

どうやら以前、親玉の小池東京都知事も自民党総裁選でこの一院制の導入を目玉政策に

していたそうなので、たぶん言い出しっぺはかなり高い確率で都知事でしょうね。

 

 

スポンサーリンク

一院制のメリット

 

それでは仮に一院制を導入した場合、どういうメリットが想定されるのでしょうか?

メリットとして考えられるのは2つです。

 

まず1つ目は議員の削減です。

一院制となれば現在ある2つの議会のうち、おそらく参議院が消滅することになります。

現在でも200人以上の議員がおり、1人当たり数千万円の手当てが支給されていますが、これがすべて削減できることになります。

 

さらに議員の数が減れば、おそらく小政党が消滅することになるでしょう。

現在の国会の審議を見ればわかりますけど、政党間の質問の調整ができていないのでしょう。

同じような質問を繰り返ししているのです。

当然議員の数が減って政党が少なくなれば、質問のダブりも減るはずです。

そうすれば無駄な審議も減るでしょうから、国会の審議の経費削減にもなることでしょう。

 

メリット2つ目は、2つの院で結論が異なるという捻じれがなくなることです。

 

これまで内閣総理大臣が総辞職したり解散に追い込まれたのは、多数派を維持できなくなったからです。

特に参議院で野党が多数派になるとことあるごとに審議がストップしてしまい、すぐにも可決して成立させなければいけない議案がなかなか成立しないという事態が多々ありました。

 

もちろん問題があるならしっかりと審議すべきですが、これまでのものを見ると言いがかりとしか言えない理由で審議を止めたものが数多くありましたから。

 

でも一院制になったらこれがなくなります。

だって内閣総理大臣は国会の議決で選ばれますので、与党の分裂などで多数派でなくなったならば、すぐに内閣不信任案で可決されてしまうので捻じれが生じる余地がないのです。

 

 

スポンサーリンク

でもたぶん実現しないと思う訳

 

 

メリットばかりに見える一院制導入ですが、導入するには大きな関門があります。

それが憲法改正です。

 

二院制は憲法42条により規定しており、一院制にするにはこれを改正する必要があるのです。

そして改正の決議をするには国会で3分の2の賛成が必要となりますが、今のところ、小池新党以外の政党で一院制導入を支持するところはないでしょう。

 

だって一院制が導入されたら参議院議員はその議員としての資格を失うのですから。

 

絶対に同意する訳ありません。

 

だから改正に持っていくには、小池新党は参議院でも3分の2を握る必要があるのです。

 

でも小池新党の参議院議員も議員になった後すんなり自分の特権を失うような憲法改正に従うのでしょうか?

 

まあ普通に考えたら賛成しませんよねえ、余程憲法改正に情熱を注ぐような人物ではない限り。

 

 

結局自分が可愛い人が多いですので、個人的には絶対に一院制の導入は無理だと考えます。