【おんな城主直虎】第39話で初登場した「榊原康政」ってどんな人物だったの?

スポンサーリンク

大河ドラマおんな城主直虎第39話で

徳川家康に仕えることになった松下虎松改め

井伊万千代。

今後徳川家の中で

万千代は苦労していくことになりますが

それについては今回は触れません。

 

今回書いていくのはこの39話で

初登場した榊原康政についてです。

 

あなたは榊原康政という人物を

知っていましたか?

 

実はこの榊原康政という人物、

徳川家康に見出されたという点で

万千代と似ている部分もあるのです。

 

 

スポンサーリンク

家臣の家臣だったのに小姓に抜擢

 

榊原家は厳密に言うと徳川家の前身である

松平家の直臣ではありません。

松平家の直臣だった酒井忠尚の家臣という

存在でした。

 

 

つまり康政は家康のとの直接の接点が

ないはずだったのです。

でもなぜか家康は康政を見出し、

小姓に抜擢。

そこから康政の立身出世が始まります。

 

康政は勉強が好きで、

字が上手かったという話があるので

それに家康が目を付けて小姓にしたという説も

ありますがこの辺はよくわかりません。

 

さてそんな文の方で見出された康政でしたが

その後は文よりも武で徳川家を支えます。

 

康政は元服すると同年齢である本多忠勝と共に

旗本先手衆に抜擢。

姉川、三方ヶ原と徳川家の苦しい戦いにも参加して

ここで武功を上げて

家康の心証をさらに良いものとしていきます。

 

そして羽柴秀吉と戦った小牧長久手の戦い。

ここで康政はその名前を一躍有名にすることを

行います。

それが秀吉を非難する檄文です。

 

康政の書いた檄文に怒った秀吉は、

康政の首に10万石という破格の懸賞を掛けて

康政を倒そうとしますが、

小牧長久手の戦いは徳川方の圧勝。

 

後に秀吉は康政を許し、

官位と豊臣性を与えます。

当然これは康政を懐柔して

家康との間に隙間風を吹かせようとする

秀吉の策。

そういえば秀吉は本多忠勝についても

褒めたたえて

家康との間を分断しようとしてましたね。

 

一応徳川家を豊臣政権内に取りこんだ秀吉ですけど、

できる限り徳川家の家臣に色目を使って

徳川家の力を削ごうとするのがよくわかる逸話だと

思います。

 

スポンサーリンク

家康の信頼は揺らがず

 

さて家康からの信頼厚い康政は

徳川家が関東に移封されると、

家中第2位の石高となる

10万石を家康から与えられます。

 

ちなみに第1位は

井伊直政の12万石。

 

万千代(直政)どんだけ出世しているんだよ。

第39話の段階では草履番に過ぎなかったのにw

 

それは置いておくとして、

康政は関東総奉行として

江戸城の修復などにも従事したようです。

 

江戸城は家康の居城。

その居城の修理の指揮を取るということは

それはそのまま家康からの

信頼の証になります。

どれだけ康政が信頼されているかよくわかりますわ。

 

 

そして天下分け目となった

関ケ原の戦い。

直政が赤備えを率いて

島津義弘らと死闘を演じていた頃、

 

康政は家康の3男秀忠と共に

信州で真田昌幸の足止めを食って

結局関ケ原の戦いに間に合わないという

大失態をしてしまいます。

 

徳川家の大きな戦いには

必ずと言ってよいほど参加していた

康政にとっては痛恨だったかもしれません。

 

でも秀忠付きとして

家康に秀忠を取りなし、

最低限の仕事はきっちりをこなします。

 

このことで家康のみならず、

秀忠の信頼も得た康政。

この信頼が後々榊原家の窮地を

救うことになりますが、

それは康政の没後の話ですので

今回は書きません。

知りたい方はググってください。

 

関ケ原合戦が終わり、

徳川家の天下がほぼ確実となった後、

康政は政治の表舞台から少しづつフェードアウトし、

1606年領国である館林で死去。

享年59歳でした。

 

徳川家の直臣じゃないのに

出世していったという点では

康政も万千代と似ている感じですね。

 

万千代を良く思ってない

酒井忠次に対し、

康政は万千代にどう接していくのでしょうか?

 

今後も目が離せませんね。