【おんな城主直虎】41話で本格的に登場したノブこと「本多正信」ってどんな人物だったの?

 

 

41話で草履番の後任として

万千代たちがその技を叩き込むことになるノブ。

実はこの人物こそ、

後に家康の謀臣として名を知られる

本多正信その人なんですが、

この正信ってどんな人だったか

知っていますか?

 

 

 

信仰を取って家康と敵対

 

本多家は三河の松平家に仕える家で、

もともと正信も松平家に鷹匠として

仕えていました。

 

その正信の転機となったのは

三河国で発生した一向一揆です。

 

これは家康の家臣と一向宗徒のいざこざが

三河国全体に広がり、

大規模な一揆となった説が有力ですが、

当時は仕える主君よりも

信仰を優先させる侍も多く、

 

正信も主君である家康よりも

一向宗の信仰を優先させて

一向一揆側に加担しました。

 

一時はかなり追い込まれた家康でしたが

形成を逆転させると

そのまま一向宗徒を駆逐し、

事実上の勝利を得ました。

 

自分達を裏切った家臣を許せない。

そう家康が考えてもおかしくはありませんが

家康は寛大にも一向宗についた家臣の

帰還を認めたのです。

 

でも正信はその話を蹴り、

他国に行くことを選択しました。

この時帰参していれば

武断派の家臣たちから

あんなに嫌われることも

なかったかもしれないのに。

 

 

帰参したら周りにライバルがいなかった

 

三河国を出た正信は

大和国の松永弾正に仕えたり、

一向宗徒として各地を転戦したという

言い伝えがありますが、

その辺はハッキリしません。

 

ですが結局姉川の戦いの後から

本能寺の変の直前までには

家康の元に帰参しているようです。

 

各地を放浪して

結局は家康の元が一番良いと

感じたのかもしれません。

 

しかしこの頃の徳川家は

武断派が牛耳るようになっており、

特にその筆頭たる本多忠勝は

一向一揆の際に家康を裏切り、

また家康が許すと手を差し伸べたのに

出奔した正信をたいそう嫌っており、

ずっと折り合いは悪かったそうです。

 

もちろんそれだけでなく、

本多家の長たる忠勝としては

本多家の末端である正信が

家康の重用されるのが面白くなかったのかも

しれません。

 

ただね、

正信が重用されたのには訳があるのです。

 

それは謀略に長けた謀臣が

家康の周りにいなかったから。

 

 

今川家や武田家と真っ正面から戦う場合、

まず必要なのは槍働きをこなす武将ですからね。

だから自然とこの頃の家康の周りは

そういう類の家臣ばっかりだったのです。

 

でも戦いが一段落したら

敵を弱らせたり

諜報網を構築するのに謀臣が必要となる。

そんな時にそっちの特性を持った正信が

帰参してきたのです。

 

家康の元で謀臣のポジションを与えられた正信は

家康のために必死に働きます。

 

その結果、

天下分け目の関ケ原が徳川家の勝利に終わり、

江戸幕府が成立すると

徳川家臣団を牛耳る

事実上のトップとなっていたのです。

 

そしてその地位は長男である

本多正純も引き継ぎ、

本多家は安泰と正信も考えたと思います。

 

 

本多家の没落で井伊家がさらに栄えた?

 

1615年大坂夏の陣で豊臣家を滅ぼした家康は

その翌年の1616年4月に死去します。

それを追いかけるかのように正信も同年6月に死去。

享年79歳。

 

家康と正信の死によって

江戸幕府は秀忠とその側近たちが

動かすことになりますが、

正信の息子である正純は権力闘争に敗れ、

本多家は政治の表舞台から姿を消すことになります。

 

その一方井伊家は江戸幕府の重鎮として

尊重されて、

江戸時代全般を通じて政治の表舞台に居続けたのです。

もし本多家がそのまま重用されていたら、

井伊家がここまで栄えることは

なかったのかもしれませんね。