熊本地震の影響で平屋建ての家が熊本で流行っているらしいけど、平屋建てのメリットやデメリットにはどんなものがあるの?

 

 

昨日ネットのニュースを見ていると、熊本地震の影響で熊本では平屋建てが流行っている旨の記事がありました。

 

確かに熊日が出しているスパイスや産経グループが出しているリビング熊本のような無料冊子を見ていると、平屋建ての広告が増えた感じがしますね。

 

熊本地震では1階だけ潰れた家屋の映像がたくさん流れて、それで2階建ての家屋が危ないというイメージが付いてしまったのが大きな原因だと思います。

 

 

平屋建てのメリット

 

平屋のメリットして3つほど挙げることができます。

 

地震が起こっても生き残る可能性が高くなる

 

平屋建てのメリット1つ目は、大きな地震が起こっても生き残れる確率が上がるということです。

平屋建てならば上の階がないので、2階に押しつぶされるという可能性はありませんからね。

 

もちろん昨今の住宅は地震が来てもそう簡単には潰れないようになってますが、家の下に活断層あったりしたら、かなり危ないです。

 

 

老後に備えることができる

 

2つ目のメリットとしては、将来的には好ましいということです。

 

定年退職した後、老人ホームなどに引っ越すつもりなら関係ありませんが、終の棲家にするつもりなら、2階建てより平屋建ての方が便利です。

 

歳を取れば階段の上り下りってシャレになりませんからね。

 

もちろんそれなら簡易エレベーターを設ければいいのですけど、メンテナンスが必要ですし、導入コストが馬鹿になりません。

 

それに掃除をする場合も階段などはかなりキツイですからね。

掃除機を1階から2階まで移動させるのは意外と体力を食いますので。

 

それに対して平屋建てならば階段の上り下りは当然ありませんし、また掃除などで難儀することはないでしょう。

 

2階建てよりコストが安い

 

そして平屋のメリット3つ目は、建設コストが安くなるということです。

 

これって意外と大きいメリットですね。

今は住宅ローンの金利も低く借りやすいですけど、住宅ローンも借金ですのでできれば借りる金額を低くしたいですから。

それ考えると平屋建てという選択肢は悪くないと考えます。

 

 

 

平屋建てのデメリット

 

当然デメリットも存在します。

 

家の容積が狭くなる

 

まず一番大きいデメリットは、家の容積が狭くなるということです。

2階建てならば当然それだけ利用できる空間が増えますが1階建てならばそれが減ることになります。

 

たくさんの荷物がある方にとっては、容積が狭くなるのは死活問題ですね。

 

でも荷物を置く場所がないなら月極のコンテナ倉庫を借りればいいですし、やりようによってはデメリットをなくすことも可能です。

 

洪水などが起こったら逃げ場がない

 

平屋のデメリットとしてもう一つ挙げるとすれば、洪水などの水害が発生した時、2階があればそこに避難することができる一方、平屋建てならばそれができないということです。

 

確かに洪水なんてまず発生しないでしょうけど、川が近い所や川より低い所などは考慮すべきでしょう。

 

 

 

終わりに

 

熊本地震を経験した者としては平屋建てがブームになるのは仕方ないと思いますし、将来のことを考えれば好ましいと思いますわ。

 

最終的に決めるのは家を建てる注文主ですが、個人的には平屋建ても検討すべきだと思います。