【おっさん世代必見!!」食後の缶コーヒーの代替が倹約生活の第一歩に

 

食後に1杯の缶コーヒーを飲む。

サラリーマンでこれをする人多いと思いますけど、その食後の缶コーヒーを他のもので代替すればかなり倹約になるって知ってますか?

 

 

 

缶コーヒーの代わりに自宅で作って持ってくる

 

できる限り倹約したいのならば、自宅でインスタントコーヒーを作ってそれを魔法瓶タイプの水筒に入れて持ってくるようにしましょう。

 

魔法瓶タイプの水筒ならば長時間温かいままですし、何より数回飲むことができます。

 

普通のインスタントコーヒーって安売りの時に買えば1瓶300円程度。

2瓶あれば1か月持つでしょうから1か月2瓶とすると、光熱費や水代を入れても1か月1000円もかからないはずです。

 

一方缶コーヒーを1日1本消費するとすれば、1日あたり130円かかります。

1か月20日出勤すると考えれば1か月あたり、130円×20日=2600円。

 

2600円-1000円で1か月当たり1600円浮くことになります。

 

 

コーヒーを作って持ってくる場合のデメリット

 

このように良いことばかりに見えますが朝自分で用意しなければいけませんし、水筒って小さいものでも結構かさばります。

 

また魔法瓶タイプの水筒を持ってなければ、それを購入しなければなりませんし、さらに意外と衝撃脆いので取り扱いには注意しなければいけません。

 

これらの点はデメリットとして認識しておいてください。

 

 

デスカウントショップでまとめ買いしたやつをもってくる

 

自宅で朝コーヒー作る時間なんでない。

そういう方はデスカウントショップで安い缶コーヒーを大量に買い込み、それを毎日会社に持ってくるようにしましょう。

 

デスカウントショップでは、銘柄によっては1本30円程度で買えるはずです。

 

自動販売機やコンビニで買えば1本130円。

それが1本30円で済むのですから、1日当たり100円浮くことになります。

1か月20日出勤したとして20日×100円で2000円倹約できることになるのです。

これが1年続けば2000円×12か月で24000円。

結構馬鹿にならない値段になりますね。

 

さらに自宅で作る場合と比べるとカバンに入れるだけですので時間はかかりませんし、また缶コーヒー1本ぐらいならそれほどカバンのスペースを取ることもないでしょう。

 

缶コーヒーを家から持ってくる場合のデメリット

 

ただデメリットがない訳ではありません。

当然自宅から持っていくのですから缶コーヒーは冷たいままであり、冬場にそれを飲むにはきついかも。

 

また自宅で作ったものだったら1日に数回飲めるでしょうが、こっちは飲む本数が増えるとそれだけ支出が増えることもデメリットと言えるでしょう。

 

 

終わりに

 

何の我慢や手間もなくお金が貯まることはまずありません。

ですので今回ご紹介したぐらいの手間を掛けることができないなら倹約は止めた方がよいでしょう。

 

しばらく続いたとしてもたぶんどこかで爆発して、かえって浪費するかもしれませんので。

 

倹約も合う合わないがあります。

もし自分が倹約が合わないと感じたら副業などでお金を増やす方に力を入れるようにしましょう。