手軽に出来る朝バナナダイエットの功罪~メリットとデメリットを考えてみた

 

テレビで放送されるや否や、翌日小売店からバナナが無くなってしまった朝バナナダイエット。

あなたは覚えておられますか?

 

実は私もこの朝バナナダイエットに挑戦して痩せたことがあります。

 

すぐに効果が出るのでお勧めしたいところですが、結構デメリットも大きいので少し躊躇してしまいます。

 

 

スポンサーリンク

朝バナナダイエットの方法

 

朝バナナダイエットはその名の通り、朝食をバナナ1本にするダイエット方法です。

 

あと胃腸の動きを活発化させるために常温の水コップ1杯のむだけ

胃をびっくりさせないためにも常温の水を飲むのポイントとなります。

 

 

方法としてはシンプル、バナナさえ常備しておけばできる楽ちんダイエットと言えますね。

 

スポンサーリンク

朝バナナダイエットのメリット

 

メリットとしては3つ挙げることができます。

 

まず1つ目は、すぐに痩せることができること。

 

私が以前チャレンジした時は、2週間で5キロ余り痩せることに成功しました。

 

ダイエットを長く続けるためには、ダイエットを続けるというモチベーションを維持する必要があります。

そして最もモチベーションを維持できる方法は結果を出すこと。

 

そのためすぐに結果が出やすいこのダイエット方法は、モチベーション維持のためにはモッテコイなのです。

 

次に2つ目。

それは便通改善に資すること。

 

バナナは食物繊維が豊富で便通も良くなり、デトックス効果が期待できるのも嬉しいです。

便通に関しては男性はそれほど気にしませんが、やっぱりいっぱい出たらお腹が楽なった気分になります。

 

 

最後の3つ目。

それは価格と入手の容易さ。

 

バナナ自体1年を通して入手できますし、安価ですのでお財布にも優しい。

スーパーの特売の時は1房100円でたたき売りされてますからね。

 

自分の小遣いの範囲でダイエットをしたい人には、この安いというメリットは大きいと言えるでしょう。

 

 

スポンサーリンク

朝バナナダイエットのデメリット

 

デメリットとしては、3つ挙げることが可能です。

 

まず1つ目は栄養不足。

これは朝バナナダイエットに限ったことではありませんが、食事制限系単食ダイエットだとどうしても栄養が偏り、栄養不足になりやすいのです。

 

栄養不足になるとめまいや立ちくらみが頻発するようになりますから、仕事をしている方には大問題です。

 

実は私の母の友人がバナナダイエットに挑戦し、かなりの成果をあげたのですが、それに喜び過ぎて朝だけでなく昼もバナナ1本で過ごすようになったのです。

 

朝だけでも栄養不足の恐れがあるのに昼食までバナナで過ごしてしまったら当然栄養不足になり、倒れて病院のお世話になる事態に。

 

幸い軽い栄養失調だったらしくすぐに退院したのですけど、こういうリスクがあるのでご注意ください。

 

次のデメリット2つ目は、栄養不足が肌荒れの原因となることです。

 

私のようなおっさんは少々肌荒れしても問題ありませんが、女性の方などは悩みの種になるでしょう。

 

肌は1回荒れるとそれを回復するために多くに時間と手間が必要となってきます。

 

朝バナナダイエットを始める理由は自分を綺麗に見せるということもあるはず。

それなのに肌が荒れてしまったら、たとえ痩せたとしても綺麗に見せるという点ではかなりマイナスになってしまいます。

 

もちろん個人差はありますが、どれくらいで肌が荒れてくるかはわかりません。

 

そのため朝バナナダイエットを続ける場合は、肌の調子に絶えず気を配るようにしましょう。

 

 

デメリット3つ目はバナナの痛みやすさです。

冬場の場合はそれほど気にする必要はありません。

問題は夏場です。

ただでさえ生ものが腐りやすい季節。

バナナは常温保存が普通ですが、夏の暑さですぐに腐ってしまう場合もあるのです。

 

腐ったバナナを食べれば当然体調不良になり、ダイエットどころではありません。

 

夏はバナナの状態にも注意が必要です。

 

ただし黒くなったから即腐ったと判断してはいけません。

シュガーポットが出ただけという可能性もありますので、皮が黒くなった場合は、川を剥いて中身を確認するようにしましょう。

 

 

スポンサーリンク

終わりに

 

今更朝バナナダイエットは…と思われるかもしれませんが、ちゃんとやれば痩せることができるダイエット方法です。

 

すぐに結果が欲しい人は、短期間だけやってみても良いかもしれません。

ただし今回書き出したデメリットが生じる可能性があるので長期間やるのは止めましょう。