「熊本市議会への乳児連れ込み問題」での女性市議の主張には全く同意できない

スポンサーリンク

 

 

某パワハラ女性市議の話が

全国ネットのテレビ番組に取り上げられ、

注目を浴びた熊本市議会。

 

今度は

別の女性市議が全国ニュースになって

注目を浴びているようです。

 

 

乳児抱き議場へ 一時混乱 緒方熊本市議「問題提起したかった」

 

12月定例熊本市議会初日の22日、緒方夕佳市議(42)が長男(7カ月)を抱いたまま本会議に臨もうとしたため、開会が約40分遅れるなど一時混乱した。緒方市議は「子育てしながら議員活動ができるよう、問題提起したかった」としている。

 緒方市議は開会数分前に長男を抱いて議場に着席。開会時刻になっても長男を退席させる様子がないため、議会事務局職員が退席させるよう求めたが、応じなかった。

 このため、澤田昌作議長らに促され、議長室に移動。「子育て中の議員への対応を、今後議会で検討したい」という澤田議長の説得を受け入れ、緒方市議は長男を友人に預けて議会に出席した。

 澤田議長は開会冒頭、「開会が遅れて関係各位にご迷惑をおかけした」と陳謝。議員からはやじが飛ぶなど一時、騒然とした。

 議会後、緒方市議は「仕事と子育てを議会でも両立できる仕組みが必要。環境を整えてほしいと議会事務局に相談してきたが、前向きな回答がなかった」と話していた。

 同市議会の規則では、子連れの出席に関する明確な規定はないが、議員以外を傍聴人とみなしており、傍聴人は議場に入ることはできないとしている。(高橋俊啓)

2017年11月23日 熊本日日新聞のサイトより引用

お探しのページは見つかりませんでした | 熊本日日新聞社

 

 

熊本市の女性市議が

議長の許可を取らずに

自分の子供と一緒に議会に参加しようとして

そのせいで議会の開会が

40分遅れたという話です。

 

今回のニュースは大きく

2つに分けることができると

思います。

 

1つ目は許可なく子供を

議会に参加させようとしたこと。

 

2つ目は子供を仕事場に

同行させる是非。

 

 

この2つについて

考えてみます。

 

 

スポンサーリンク

議員が規則を守らないは言語道断

 

まずは1つ目の

議長の許可を得ないで

子供を議会に連れてきた件です。

 

これは弁解の余地はありません。

完全に間違っています。

 

市議会は市民から選ばれた代表が

予算を審議したり、

条例を制定したりするところです。

 

市民を縛ることもある条例を

審議する仕事なのですから、

一般市民以上に決まり事は守る必要が

あるのです。

 

しかし今回問題行動を行った市議は

それを守らなかった。

この時点で議員失格です。

 

まあ、子供を預けるところが

なくて仕方なく連れてきたということならば

緊急避難的な行動として

まだ納得できたかもしれませんが

この市議は「問題提起」のためにやったと

言っています。

 

問題提起は大事ですが

そのために決まり事を

無視していいことにはなりません。

 

それに問題提起するなら

ツイッターでもブログでも

いくらでもアピールする手段があったはずです。

(まあ既にやったのかもしれませんが)。

 

ともかくこれに関しては

しっかりと反省して欲しいです。

 

スポンサーリンク

仕事場に子供を連れてくる是非

 

次は仕事場に

子供を連れていくることの是非に

ついて考えてみます。

 

これはどんな職業に

就いているかによると

個人的には思います。

 

 

子供を育てるため

小さい時はできる限り

親は子供と一緒にいることが

望ましいのは確かです。

 

ただ無制限にそれを認めるは

やはり問題ではないでしょうか?

 

自営業や

個人でやる仕事ならば

ともかく、

普通の会社などに勤めているならば

他の社員さんもいるはず。

中には子供が嫌いという方もいるでしょうし、

子供が泣きわめいて仕事に集中できない人も

いるかもしれません。

 

仕事は基本お金を稼ぐ場であり、

子育ての場ではないのです。

 

先ほど子供と一緒にいるのは

望ましいと書きましたが

それのために他人に迷惑をかけるは

どうかと考えます。

 

では議会に子供を連れてくるのは

どうでしょう?

 

市議会って数十人の議員が

意見質問をしたりして

市の政治をつかさどる場です。

ヤジはありますし、

怒号が飛ぶ場合もあります。

残念ながらそんなところに

子供を連れてきても

子供に良い影響を与えるとは思いません。

 

それに子供に遠慮して

他の議員が詰問とかできなくなっては

市民の代表としての仕事が

できなくなる恐れがあります。

 

少なくとも議会に子供を連れてくるのは

止めたほうが良いと個人的には考えます。

 

 

スポンサーリンク

終わりに

 

今回の行為、

私の周りでは一人として

この女性市議に同情する人はいませんでした。

どうみてもパフォーマンスにしか

見えませんからね。

 

個人的にこんなことをするに人に

税金を使って欲しくはないですけど、

任期が残っている以上どうしよもありません。

 

今回のことを反省して

違う形で子育て支援の方法を考えてください。