氷河期世代が世間を恨んでも時間の無駄!!副業をやって1円でも稼ぎ老後に備えましょう

 

 

どこの業界も人出不足で賃金の上昇が始まったみたいですね。

これもアベノミクスのおかげなのか、少子高齢化のせいなのかはわかりませんけど、非正規の氷河期世代にはほぼ恩恵はないでしょう。

 

人手不足といっても足りないのは、安い賃金で肉体労働をするような業種がほとんど。

 

もちろん正規社員として囲い込もうとしているところもありますけど、そういう企業が欲しいのは若い世代と即戦力の中堅ですからね。

 

非正規でこれと言った強みがない氷河期世代を好んでほしがるところはありません。

(もちろん今後はそんなことを言ってる余裕がなく、非正規の職歴しかない氷河期世代でも星がるところが出てくる可能性もゼロではないでしょうけど)

 

国は補助金出して何とかしようとしているらしいですけど、取り組みが遅すぎ。

あと10年早くやっておくべきでしたわ。

 

 

ホント氷河期世代は損してばっかり。

そう思わずにはいられません。

 

でもそうやって世間を恨んでも何も変わらないの事実です。

 

恨む時間があるのならその時間を使って、少しでも稼ぐことを考えるのがマシだと個人的には思います。

 

 

スポンサーリンク

フリーの時間で副業して少しでもお金を貯めるのどう?

 

国民を支える制度として年金制度や生活保護の制度が完備されていますが、実際私ら氷河期世代が高齢者となる20年から30年後にまだ利用できるかどうかわかりません。

 

私らの世代だと、払い込んだ額より貰える額の方が少なくなるという試算があり、貰えるとしても少なくなるのはほぼ確実。

 

だから老後をそれなりの生活水準で送るつもりなら1円でも貯蓄することを考えましょう。

 

 

世間では氷河期世代がお金を使わないから消費が増えないという意見があるそうですが、そんなアホな意見に耳を貸す必要はありません。

 

だいたい自己責任なんだろ。

うちらが法律に反しない(あと同義的にも反しない)範囲で何やっても関係ないはずです。

 

これ以上我々の世代が犠牲になる必要はありません。

いらないものは買わず、お金を貯めるようにしましょう。

 

 

ただ消費を抑えるだけでは十分なお金は貯まりません。

 

 

そこでメインの仕事をする以外のフリーの時間に、副業をやって1円でも稼ぐことをお勧めします。

 

では副業でどんな仕事をやるべきなんでしょうか?

 

ウェブライターは単価が安いが手軽にできるのが魅力

 

副業といってもいろいろありますが、お勧めなのはやっぱり家にいながらできる仕事。

 

例えば去年1文字0.5円で話題になったウエブライターなんてどうでしょう?

 

確かに低賃金ですが、1文字0.5円でも2000文字書けば1000円になります。

 

もしこれを1か月休みなく続けば、30日×1000円で、1か月あたり3万円稼ぐことができるのです。

 

もちろん仕事の内容は千差万別であり、2000文字と言っても調べて書かなければいけないので、調べる時間とか余計に掛かってしまいますが家に居ながらにできるのでその点は楽です。

 

 

ブログにアフェリエイトやアドセンスを貼って儲ける

 

アフィリエイトやアドセンスで稼ぐという手もあります。

 

ブログに広告を載せて稼ぐ手段で、結果が出るまで時間が掛かるのがネック。

しかし長期間続けることができればウエブライター以上の見返りが返ってきます。

 

まあそこまで続けるのが辛いので、成功する人は全体の1割ぐらいと言われているのですけどね。

 

ちなみに私もこのブログでやってますが、月に何回か外食できるぐらいは稼げており、その外食の感想を記事にすることでさらに儲けるというパターンを確立しております。

 

いらないものをネットで売る

家の中にあるいらないものをヤフオクやメリカリに出品して売却するのも広い意味での副業に入るかもしれません。

 

40年近く生きてくれば、自分では使わないものや興味が失せたものが大量にあるはず。

こんなもん価値はないと自分では思うかもしれませんが、価値観は千差万別であり、あなたにとって価値がないものであっても、他人にとっては喉から手が出るくらい欲しいものかもしれないのです。

 

最初は出品するのが面倒とか思うかもしれません。

でも一つでも売れるときっと嬉しくなり、どんどん売ろうという気持ちが強くなっていくはず。

 

そして家の中に売るものがなくなったら、次はネットで商品を購入してそれを売るというネットせどりを始めてもいいかもしれませんね。

 

ただしここまで来れば立派な事業ですので、古物営業法に基づく許可が必要になる場合がありますので、ご注意ください。

 

スポンサーリンク

終わりに

 

ネットで調べれば、いろいろ副業の手段は見つかるはずです。

世間を恨む時間があるならば、その時間を使って1円でも多くのお金を稼いで老後に備えるようにしましょう。