チケット転売はもうオワコン?チケット転売ヤーが嫌われる訳

 

 

チケットキャンプの営業停止。

発端は商標法違反ですが

チケットキャンプが転売の恩賞になっているという

指摘は結構出ており、

それに配慮した親会社のミクシィは

調査委員会の設置を決めたようです。

 

わざわざ調査委員会を設けた以上、

チケット転売について

今以上の制限が加えられるのは確実な情勢です。

 

また自民党でも

東京オリンピックを睨んで

転売を制限する立法が可能か調査を始めているようですので

ますますチケット転売はハイリスクになるはずです。

 

チケットキャンプはそもそも

チケットを取ったけど、

急な予定が入ってライブなどに

行けなくなった人と、

チケットを取れなかった人の

仲介する目的で作られたサイトだったはず。

 

しかし需要と供給は

需要が過剰となり、

その結果、

それに目を付けた転売ヤ―達が

チケットキャンプに流入して

暴利を貪る片棒を担ぐことになったのです。

 

 

スポンサーリンク

チケット転売が嫌われる理由は?

 

 

ではどうしてチケット転売は嫌われるのでしょう。

安く買って高く売るという行為は

普通の商売です。

それこそスーパーなどの小売店なども

問屋を通して安く商品を購入してそれを

売っているのですから、

チケット転売とやっていることは同じはず。

 

でも決定的に違うところがあります。

それはチケット転売ヤー以外は

幸福になれないからです。

 

チケット転売ヤーが電話予約やネット予約で

チケットを取る場合、

それこそ大量の電話回線やネット回線を準備して

まさに資本に物を言わせて大量にチケットを

取っていくのです。

 

もちろんそれに一般のファンが

太刀打ちすることができず、

アーティストのファンは

一般のチケット販売価格より

高額のチケットを

チケット仲介サイトなどから

購入するしかありません。

 

基本金が余りまくっている人なんて

ほとんどいませんので、

チケット代が高額になった場合、

他のところで金を浮かせる必要があります。

 

そしてその結果、

売り上げが伸びなくなるのが

ライブ会場などでのグッズ販売です。

 

基本ライブなどでは

物販も重要な収入源となります。

しかしチケット代に高額のお金を使ったファンは

チケット代の穴埋めをするために

購入するグッズを減らすようなのです。

 

つまりライブを開催するアーティスト側は

重要な収入がチケット転売ヤーのために

減少するという訳。

 

そしてファンも

好きなアーティストのグッズを

購入できないのですから、

悔しい思いをすることになります。

 

このようにチケット転売ヤー以外誰も

幸福になれない。

 

これがチケット転売ヤーの嫌われる

本質だと思います。

 

 

スポンサーリンク

どうしても転売を続けるなら?

 

繰り返しますが

チケット転売ヤ―が嫌われる理由は

金儲けのために

たくさん欲しい人がいる商品を

掻っ攫って自分達以外を

不幸にするからです。

 

おそらくこれから

どんどんと規制が進み、

それこそチケット転売は

ツイッターなどを通じてのもの以外

生き残れないでしょう。

 

 

ただ転売すべてが

否定されている訳ではありません。

例えば

オークションサイトなどで

安く落札したものを

Amazon等で高く売ったりする場合は

おそらく問題とはならないでしょう。

 

まあオークションで競り合った場合は、

金儲けのために欲しくもない商品を

競り落とした形となりますが

少なくとも競り合った相手にも

落札できるチャンスがあったのですから、

大量のネット回線や電話回線を利用して

チケット予約を独占する方法に比べて

正当な方法と言えるはずです。

 

これからチケット転売は

冬の時代に入るかもしれませんが

どうしても転売を続ける場合は

転売ヤ―と後ろ指さされない方法を模索してください。