【おっさん世代必見!!】妻帯者がバレンタインチョコを貰ったら、奥さんの前で開けるべき

 

 

今回もおっさん世代に警鐘を鳴らすために、バレンタインの記事を書くことにします。

 

まず前提ですが、恋人がいない独身者だったらバレンタインチョコを貰っても何ら問題ありません。

そりゃあ、バレンタインが遅めの恋に繋がる可能性がありますし、女性から好意を示されても

それを受け入れることができますからね。

 

しかし私たちのようなおっさん世代で、奥さんがいる妻帯者や恋人が既にいる者の場合はそうはいきません。

義理チョコを貰うだけでも嫉妬する女性って結構いるのです。

 

というか、もし奥さんや恋人が他の男性から贈り物をされて平常心保てますか?

普通なら「この男、うちの相方(奥さんや恋人)にチョッカイ出しやがって」と焼きもちやそれに類する感情が出てくるはず。

 

自分でも嫉妬するのですから当然奥さんや恋人だって、たかが義理チョコでも嫉妬の炎を燃やす可能性があるのです。

 

問題の発生を未然に防ぎたい場合は、バレンタインチョコは義理でも貰わない。

仮に貰ったとしても、バレンタインチョコは奥さんの前で開けるのがベターだと考えます。

 

 

スポンサーリンク

奥さんの前でバレンタインチョコを開ける理由

 

バレンタインチョコというのは好きな相手に渡すのが、日本における本来的な意味だったはず。

 

つまりバレンタインチョコ(本命の)をくれた相手は少なからずそういう想いを持っていると推測することができます。

 

でも妻帯者ならば、それを真正面から受け取る訳にはいきません。

だからと言って本命チョコとわかった時点で突っ返すの現実的ではないでしょう。

逆恨みされてはかないませんからね。

 

しかしそんな本命チョコを貰い、それを隠したりすればそれが奥さんにバレた場合、大変なことになる可能性大です。

 

そのため、バレる前に奥さんに本命チョコを貰ったことを報告し、奥さんの目の前で開けるようにすれば少なくとも後ろめたい気持ちはなくなるでしょうし、奥さんもあなたのことを信用するでしょう。

 

もちろん手紙などが入っていた場合はそれも奥さんに見せるようにしてください。

隠し立てするのはNGです。

 

そしてここまですれば、奥さんも確実にあなたことを信用するでしょうから。

 

 

 

スポンサーリンク

義理チョコの場合はどうするか?

 

では義理チョコ場合はどうするべきでしょうか?

個人的には義理チョコも奥さんの前で開けるべきだと考えます。

 

義理チョコだったら別に気にしないだろうと考えていませんか?

 

女性って男性以上に嫉妬深いというか、自分のものにチョッカイ出されるのを嫌がる傾向にあります。

 

結婚している以上、奥さんはあなたを自分の所有物と考えている場合が多いのです。

自分の持ち物に手を出されて、嬉しい人はいません。

それと同じ感覚なのです。

 

例え義理チョコでも不快。

それに加えて義理チョコ貰ったことを隠したりしたら、その嫉妬心があなた自身に向かい、酷いとばっちりを受ける可能性だってあるのです。

 

義理チョコだけでそんな面倒事しょい込むは割にあいません。

 

だから義理チョコであっても奥さんに報告し、奥さんの前で開けることをお勧めします。

まあそれ以前に義理チョコは貰わないようにするのが一番ですからね。

 

例えば職場で甘いもの、特にチョコレートは苦手だと言っておけば、義理チョコを貰うことはなくなるでしょう。

ただし貰えなければ貰えないで何か寂しい気持ちになってしまいますけどね。

でもこれも家庭円満のため、夫婦喧嘩の火種を未然に消すためですので、自分の気持ちはグッと封印して寂しさに耐えるようにしましょう。

 

 

スポンサーリンク

奥さんや恋人へのアフターケアまでやって一安心

 

本命チョコを貰った場合、奥さんや恋人の前で開けて自分の無実を証明したら、おそらく苛立っている奥さんや恋人へ何か買ってあげることをお勧めします。

 

奥さんや恋人に隠し事をしていないことを明かした上に贈り物まですれば、奥さんや恋人もあなたが惚れているということを実感できて安心するはずです。

 

そうすれば本命チョコを貰ったということが、今度夫婦関係に影響を与えることはないはず。

 

そこまでする必要はないとも思われるかもしれませんが、これぐらいしないと奥さんや恋人の嫉妬心と不信感を完全になだめることができません。

 

今後も夫婦仲良くいきたいのならこれぐらいはするようにしましょう。

 

別に高いものでなくていいのです。

5000円前後ぐらいならばそこまで懐も痛くはないでしょうし、奥さんや恋人も納得するはずです。

 

 

ただし贈り物をすることでやましいことがあるのではないかと、痛くもない腹を探られる可能性もゼロではありません。

そこで奥さんや恋人がうたがり深い場合は藪蛇になるかもしれないので、プレゼントは止めておきましょう。

 

また奥さんや恋人に日ごろから贈り物をたくさんしている人は、あんまり効果が出ないのでやはりプレゼント効果は薄いと思いますので、機嫌を良くするためのプレゼントはしなくても構わないと思います。

 

 

スポンサーリンク

終わりに

 

妻帯者にとってバレンタインは良いことがないイベントです。

できるだけ穏便にやり過ごせるように努力しましょう。