【熊本の食べ放題】ラーメン食べ放題で有名なグランメッセ熊本内のグランディール行ってきた(2018年1月)

先日某番組内で紹介された

ラーメンの食べ放題。

物凄く興味があったので

この前行ってきましたわ。

場所はグランメッセ熊本の2階。

イベントが開催されていない平日ならば

空いているはずです。

しっかりと登りが立ってました。

形式は最初にお金を払うタイプ。

その後は好きな席を選んで座ります。

使い終わった食器は

使用済みの食器を置くスペースがあるので

そこに置きましょう。

ラーメン食べ放題の感想

ではメインのラーメンの食べ放題のことを。

一般的な食べ放題のラーメンは

生麺を自分で温めて

作るタイプが主流ですが

ここのラーメンは従業員の方が

作ってくれるタイプです。

そのためラーメンの注文カウンターで

ラーメンを注文してください。

頼む時はカウンターの従業員の方に

「ラーメン1パイお願いします」

と言いましょう。

そうすれば数字の書いてある札を

渡してくれますので

その数字が呼ばれるまで

他の食べ放題をつまんだり、

席で待ったりしておきましょう。

そして自分の貰った札の数字が

スピーカで呼ばれたら

さっきのカウンターに

ラーメンを取りに行きます。

そして札と交換でラーメンを貰いましょう。

その際胡椒で味を整えたい方は

カウンター備え付けの胡椒を

掛けてください。

それとレンゲもここにしか置いてないので

必要な方は忘れずに。

では写真を載せましょう。

これが食べ放題のラーメンです。

どこからどう見ても

れっきとした熊本ラーメンですわ。

でも見た目がよくても

味がイマイチではいけませんからね。

では実食してみましょう。

うん、スープもしっかりしていますわ。

麺もちょっと固めで

熊本の人なら丁度良いと感じるはず。

麺の量は普通のラーメン屋の2/3ぐらいですからね。

多くもなく少なくもなくって量です。

最後はチャーシュー。

これも味がよくついていてOK。

うん、そこら辺のラーメン屋より

十分美味しい出来です。

これが食べ放題で食えるなんて

良い時代になったものです。

結局私はもう1ぱいおかわりしました。

その他の感想

では次にラーメン以外の感想を

書くことにしましょう。

ハッキリ書きます。

ここの食べ放題、

料理の種類は少ないです。

たぶん20種類はなかったと思います。

私が見た感じ、

ラーメン以外は、

野菜類、

ウインナーを焼いたもの、

スクランブルエッグ、

ホルモン2種類、

ハンバーグ、

パスタ、

カレー4種類、

スープ、

白ご飯、

福神漬け、

小鉢料理、

こんなところですかね。

何かビジネスホテルの

朝食バイキングって感じでした。

ただしどれも量は十分にあり、

かなり頻繁に従業員の方が

料理が不足してないか

見に来ていたので

補充はすばやくされるのかもしれませんね。

では私が食べたものの

写真を載せましょう。

どうです?結構がっつり系ですw

どれも味付けが濃い目でした。

ラーメンの味に負けないように

濃い目の味付けになっているのかも

しれませんね。

普通のカレーの上に

ハンバーグをトッピングして

ハンバーグカレーです。

こういうのも食べ放題の醍醐味ですわ。

美味しかった

ウインナーとパスタのおかわりです。

どちらともご飯との相性が抜群。

パスタ+ご飯の炭水化物タッグは

ホント止められませんわ。

まあこういうのが好きだから

全然痩せないのでしょうねw

レッドカレーの上に

ご飯をよそったものです。

レッドカレーは

しゃっくりが出ないぐらいの辛さでした。

激カラ好きな方には

物足りないかもしれませんが

舌がピリピリあんまりしないので

ちょっとだけ辛いものを食べたい方には

お勧めです。

そして最後の〆は

ウインナーとスクランブルエッグ丼です。

もうちょっと大きい写真がこちら。

うん、美味しそう。

思い出すたびにヨダレが出ますわ(言い過ぎ)。

終わりに

ラーメンはホントに美味しかったです。

スープがしっかりしていて

麺によく馴染んでましたね。

ただ欠点もあります。

前述したように料理の種類が少ない。

これは食べ放題としては

かなり残念ですね。

ただ料金が1人1000円だから

仕方がない面もありますわ。

かなり少数で厨房とレジと食器の片づけを

しているようでしたから。

それに量は少なくても

がっつり食べるには

他の食べ放題と遜色ありません。

とんこつラーメンを腹いっぱい食べたい。

そしてカレーなどをたくさん食べたいなら

このグランディールはお勧めです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする