コインパーキングの最大〇〇円という表示は鵜呑みにせず1番自分に損になる条件で判断すべき

コインパーキングって便利ですよね。

街の中心部とかには必ずあるし、

また立体駐車場とかと違い、

空いているところがすぐに目視できますから。

立体駐車場の場合は、

入場した後、

空いているところを探すだけで

数分時間を浪費することもしばしばあるので。

そんなありがたい存在のコインパーキングですが

最近ニュースなどでよく

取り上げられるようになりました。

昨日もこのように記事が。

数千円で済むはずが数万円の請求…トラブル多発「24時間最大○○円」コインパーキングの落とし穴

リンク先の産経新聞の記事を

少し要約すると、

最近コインパーキングを巡る消費者相談が増えており、

その大部分が「最大〇〇円」という表示に関する問題

らしいです。

コインパーキングでは

車を止める人が少ない夜間対策として

1日最大〇〇円という表示をして、

できる限り長期間車を止めてもらうように

しています。

ただこの「1日最大〇〇円」。

この最大〇〇円、

何回適用されるのかが問題となるです。

例えば1日しか止めないなら

問題にはなりません。

しかし2日以上止めっぱなしにした場合は

問題となります。

もし「1日最大〇〇円」が

1回しか適用されないのならば、

2日目以降の料金は正規料金が

徴収されることにより、

自動車を止めた人が想定していた以上に

駐車料金を払うことになってしまうのです。

もう少しわかりやすくするために

1時間100円、

ただし1日最大1000円と表示されている

コインパーキングがあると仮定しましょう。

そこに車を3日止めることにします。

まずこの1日1000円が無制限に

適用されるとすると、

3日止めるのですから当然

料金は3000円となります。

一方この1日1000円が1回しか

適用されない場合は、

1日目:1000円、

2日目:24時間×100円=2400円、

3日目:24時間×100円=2400円

の合計5800円の料金となってしまうのです。

ほとんどのコインパーキングの場合、

当然最大〇〇円が適用される回数について

表示はされているそうです。

ただし最大〇〇円の表示に比べて

かなり小さい字で。

通販とかでよく使う手段ですよね。

初回だけ定価10000万円のものを

5000円にする。

しかし5000円になるのは

その後5回継続して購入するのが前提とかに

なっていて、

そらが小さい字で表示されているやつ。

運営会社側としては

しっかりと表示している以上、

勘違いする方が悪いというスタンスなんでしょうね。

だからこそ、

社会問題化して

ニュースになっているのでしょうけど。

最大〇〇円という表示は自分にとって一番最悪の条件で考える

では対策としてどうすれば

いいのでしょうか?

個人的には表示を解釈する場合、

自分に一番悪い条件で解釈することを

お勧めします。

例えば1日最大〇〇円という表示があっても、

それは1回限りであり、

2日目以降は正規の料金がきっちり徴収されると

前もって考えておくのです。

そうすればいきなり高額の料金を請求されても

落ち着いて対処できるはず。

仮に自分が想定していたよりも

条件が自分達に有利だったならば

ラッキーとぐらいに思っておけばOKです。

基本企業なんてほぼ営利目的ですので

自分達に著しく都合が悪いようなことは

滅多にしません。

だからこそ、

こっちも自分達に一番悪い条件で

考えておかなければいけないのです。

これはコインパーキング以外にも

当てはまります。

最悪の事態を想定して

行動する。

是非実践してくださいな。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする