弁護士の数が4万人突破!!競争に勝つには仕事を自分で開拓するしかない

Yahoo!のトップニュース欄を

見てたらこのニュースが

目に飛び込んできました。

弁護士4万人を突破 10年で1.5倍

国内の弁護士数が今月、初めて4万人を超えたことが、日本弁護士連合会への取材で明らかになった。司法制度改革が本格始動した2002年以降、弁護士が大半を占める法曹人口の拡大が続き、ここ10年間で約1.5倍に増えた。日弁連は活動領域の拡大に力を入れているが、裁判件数が増えていないこともあり「司法試験の合格者数を抑制すべきだ」との声もある。【伊藤直孝】

日弁連によると、弁護士登録者数は昨年3月末時点で3万8980人だったが、今月に入り4万人を突破し、25日現在で4万103人となっている。

 政府は02年、国民が利用しやすい司法制度の実現を掲げ、司法試験の年間合格者目標を「年間3000人程度」と設定。1万人台で推移してきた弁護士数は04年に2万人台、11年に3万人台に達した。

 しかし、最高裁などの調べでは、全国の地裁に起こされた民事裁判の件数は、一時的に激増した過払い金訴訟を除くと過去10年、年間9万~10万件でほとんど変わらない。このため、限られた仕事を奪い合う状況になっているとして一部の弁護士が反発。法曹志願者数の減少もあり、政府は15年に年間合格者目標を「1500人程度を下回らないようにする」と修正した。

2018年1月26日付 毎日新聞より引用

https://mainichi.jp/articles/20180126/k00/00m/040/171000c

司法制度改革が始まって15年。

とうとう弁護士の数が4万人を突破した

という記事です。

司法試験の合格者を増員した以上、

いつかはこういう日が来るのが

わかっていたはずですが

まだ仕事が増えないとか、

増員を止めろとかの話が

出ているようですね。

仕事がなければ自分で開拓しろ

司法制度改革の目的の1つは

誰でも簡単に司法制度を使えるように

することでした。

だからこその司法試験の合格者の増員であり、

社会人経験を積んだ人間を司法の現場に引き入れるための

ロースクール制度の創設だったのです。

そのため弁護士の数が増えたのは

その目的のためにはプラスになるはずなんですが

どうやら昔から弁護士をやっている人たちには

自分たちの既得権益を害するものだと

移っているようですね。

記事にある通り、

弁護士が受領する仕事の件数は

増えてませんけど、

仕事を自分で開拓するような努力を

しているのですかねえ。

弁護士が増えている以上、

昔ながらの待ちに姿勢だと

競争時代は生きていけません。

だからこそ増員反対とか

言っているのかもしれませんが

そんなことを言う暇があれば

仕事を開拓すべきではないでしょうか?

まだまだ弁護士が未開拓の分野って

探せばありますよ。

弁護士の仕事って

裁判で代理人になることだけでは

ありませんからね。

弁護士も自分で動いて

仕事を見つけなければ

いけない時代になったのです。

昔みたいにふんぞり返って

仕事が来る時代は終わったということを

認識して

弁護士もどんどん自分から動くべきだと

思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする