おっさん世代のウォーキング入門その4 「20分歩くのに慣れたら、時間を増やしてみる」

 

ちょっと間が空きましたが、おっさん世代のウォーキング入門第4回目です。

 

前回私のような仕事を持っているおっさん世代の方は、距離ベースよりも時間ベースでウォーキングをするべきだと書きました。

 

今回はその次のステップに関してです。

 

ウォーキング入門の第3回目をまだ読んでない方はこちらからどうぞ。

おっさん世代のウォーキング入門その3「歩かなきゃ」という意識になったらまず20分歩くのを目標に
「歩かなきゃ」という意識が根付いたところで、ようやく時間を意識してウォーキングをするようにしましょう。まずは20分間。これが最初です。まずは1日に20分間ウォーキングできるようにしましょう。

 

 

 

スポンサーリンク

最低目標で満足してはダメです

 

前回ウォーキングをする場合、仕事を持っている私のようなおっさん世代は時間をベースにして20分歩くことを目標にすべきだと書きました。

 

あなたは毎日20分間歩くことができていますか?

 

おそらくほぼ全員がその目標を達成できていることでしょう。

 

だって普通に通勤するだけでも20分ぐらいは歩きますし、営業の方ならそれ以上歩いているはずですから。

 

ただ20分というのはあくまで最低目標であり、それをずっと続けてはいけないのです。

 

 

スポンサーリンク

時間を増やすべき理由

 

人間の体というものはよくできています。

普通と違うことがずっと続くと、体はそれが普通のことだと認識してそれに体が慣れるように調整するのです。

 

だから最初は20分間歩くだけでどんどん体重減少や脂肪燃焼が進んでも、それが普通になれば効果が生じなくなる訳。

 

もちろん無尽蔵に慣れる訳ではありません。

さすがに体にも限度があります。

 

ただ20分程度の歩きではその限度に達せず、すぐに体が普通のことを認識してしまうのです。

 

だから自分で20分歩くことに慣れたと思ったら、できるだけすぐに歩く時間を伸ばすようにしましょう。

 

ただ慣れたという主観だけで判断するのは結構難しいです。

そのため毎日体重を測ってみて1週間ぐらい増減があまりない場合は、歩く時間を増やしましょう。

 

一気に倍の40分にするのがキツイなら、まずは10分増やして30分歩くようにしてください。

 

そしてそれに慣れたら40分歩くようにすればいいのです。

 

こうやって少しづつ時間を増やしていきましょう。

 

当面の目標は60分。

これぐらい歩けばかなりの効果が生じます。

 

スポンサーリンク

甘えは捨てる

 

人間は自分に都合が良いように考える癖があります。

 

例えば時間がなくて10分しか歩けなかった場合、「忙しかったから仕方がない」と理由をつけて正当化しようとするはずです。

 

でも正当化したところでそれは自分の頭が納得するだけ。

歩かなかった分、カロリーが消費せず、自分の体重が減らない事態になるのです。

 

結局自己正当化しても自己満足にしかならないのです。

 

自己満足=甘えと考えることにすることをお勧めします。

 

自己正当化という言葉はそれだけでもマイナスイメージがありますが、甘えと言いかえるとさらにマイナスイメージが増幅するはず。

 

人間ってマイナスのイメージを嫌う習性があるので、こういうことも利用してウォーキングをする時間を作る契機とするようにしましょう。

 

 

スポンサーリンク

ウォーキングをした後のケアは忘れずに

 

十分ウォーキングをした後は自分の体のケアも忘れないようにしましょう。

 

個人的にお勧めなのは、毎日お風呂に入って足をマッサージすることです。

太ももや足首を風呂の浴槽のなかで軽く揉むだけでOK。

それだけでも足が楽になり、気分がリフレッシュできるはずです。

 

もちろんストレッチなどをやるのが好ましいですが、しっかりとしたストレッチって一人でやると大変なのですよ。

 

友人や同僚とウォーキングしているなら協力してストレッチができますが、仲間と一緒にウォーキングする人は少数派ですからね。

 

それに私がこのブログで提唱しているのは仕事の合間などのすき間時間に行うウォーキングなので。

 

 

スポンサーリンク

終わりに

 

ある程度慣れるとウォーキングが習慣化するので、慣れを全面否定する訳ではありません。

 

しかし体が慣れると思うように効果が生じなくなりますし、慣れが甘えに変化しやすいという点を見過ごしてはいけません。

 

ウォーキングをするのは、自分なりの目標があるからです。

 

その目標を達成するためにも慣れたと思ったら、さらにウォーキングする時間を増やすようにして慣れないように気を配るようにしましょう。