【マルちゃん】サッカー日本代表専属シェフ監修 ぺペロンチーノ風焼そばを食べた感想 「思った以上にニンニクの風味が強い」

先日ゆめタウンの行ったとき、目に入ったこの商品。

 

 

いわゆるサッカー日本代表とのコラボ商品というやつですね。

ペペロンチーノ風というタイトルがついてますが、パスタではないので、あえて「風」という文字を入れたのでしょうか?

 

さて食べた感想ですが、「ニンニクの風味が強い」ということが印象に残りました。

ガーリックオイル仕立てのという言葉は伊達ではありませんでした。

 

 

開封から調理まで

では調理するためにまずパッケージを開けましょう。

 

 

ビニールのパッケージを外したらこの状態です。

最近のカップ焼きそばはどこのメーカーもこれがデフォですね。

昔はお湯を捨てる時に、一緒に麺も落とすこともあり、難儀してものですが、このように一体化しているとその危険がありません。

良い時代になったものです。

 

 

次に作り方の手順に従い、蓋をちょっとだけ開けて、調味油などの袋を取り出します。

 

 

こちらの商品の袋は全部で3つ。

かやく、粉末ソース、そして特製油。

 

この特製油にたっぷりとニンニクエキスが入っているのでしょうね。

 

 

ではかやくの袋を開けて、中身を麺の上にでしたら、お湯を注ぎます。

 

完成まで3分。

蓋を閉めてしばしまちましょう。

 

 

3分経過したら、お湯を捨てて、蓋をすべて取り去ります。

 

あとは調理手順通り、特製油を入れてから粉末ソースを入れましょう。

順番を逆にすると粉末ソースが麺とよく絡まず、玉になる危険性があるので。

 

そこまでやってようやく完成です。

 

 

ニンニクの風味が強いというのが感想

完成品はこちら。

 

 

 

見えにくいですが、唐辛子らしき赤いものが見えますね。

ソースを混ぜたのに驚きの白さですが、匂いはニンニクの香りそのもの。

ニンニクオイルが売りですが、ちょっと強すぎかもしれません。

 

では一口食べてみます。

 

食べた瞬間、ニンニクの風味が口の中に広がります。

そして同時に舌に唐辛子のような辛みも。

ただ辛みはそれほど強くありません。

 

前回記事にしたペヨングの激辛やきそばに比べると、全く辛くないと言ってもいいかも。

辛さを求める人にはあんまりお勧めできないですね。

 

またやきそばのため、麺が柔らかく、それがペペロンチーノと合わないと感じる人も結構いるかもしれません。

私もイマイチに感じました。

やっぱりペペロンチーノはもう少し硬めの麺(パスタなど)に合わせるのが至高だと思います。

 

でもその一方ニンニクの風味や匂いを味わいたい方にお勧めです。

ニンニクの風味は強すぎるくらい味わうことができますので。

 

ただこれを食べた後、人と会う方は十分食後のケアが必要と思いますわ。

 

カロリーなどのデータ

 

 

エネルギー:538キロカロリー

たん白質:9.3g

脂質:29.3g

炭水化物:59.2g

ナトリウム:1.4g

 

以上。