【明星】一平ちゃんカラムーチョ味を食べてみた感想 「最初辛みが一気に来るが継続しない感じ」

スポンサーリンク

今回食べたのはこちら。

 

 

 

一平ちゃん夜店の焼きそば カラムーチョホットチリ味です。

 

一平ちゃんとカラムーチョのコラボ商品になるでしょうか?

スーパーの売り場で見かけ、思わず買ってしまいましたわ。

 

食べた感想は、すぐに辛みを感じますが、すぐにその辛みが消えてしまう感じ。

ペヤングの激辛焼きそばなどと比べるとあんまり辛くありませんね。

辛さを長時間楽しみたいのならこちらはお勧めできませんが、辛さの耐性はあんまりないけど、怖いもの見たさで辛みを体験したい方にはお勧めです。

 

 

スポンサーリンク

やきそばを作る(基本お湯を入れて待つだけ)

では作っていきましょう。

ビニールのパッケージを破るとこんな感じ。

 

 

カップ焼きそばでは定番の容器と蓋の一体型。

これのおかげで湯きりの時に焼きそばの麺を落とさず済むのですから、ホントこれを発明した方感謝ですわ。

これは毎回言っているような気がしますが。

 

 

容器の中には子袋が3つ。

これを取り出してお湯を入れます。

お湯を入れたら3分待機。

 

3分経ったらお湯を捨て、小袋の中身をやきそばの上に出すとこんな感じに。

 

 

赤い!!

ふりかけが赤過ぎですわ。

これってカラムーチョの粉なんでしょうか?

見るからに辛そう。

 

そして食べる前にかき混ぜるとこうなります。

 

 

混ぜたら普通の色に近くなりましたね。

まあ、赤さは残っていますが。

 

 

スポンサーリンク

カラムーチョの辛さがすぐにやってくるが後続が続かない感じ

 

では食べてみましょう。

 

食べた瞬間、唇と舌に辛さを感知。

すぐに辛いと感じますが、すぐに消えていきます。

消えると言っても辛さがゼロになるのではなく、100だった辛さが30ぐらいに一気に減退する感じでしょうか?

これがペヤングの激辛やきそばだったら、最初50ぐらいの辛さがしばらく経つと200ぐらいになる感じでした。

 

そう考えると、辛さの強さが長続きしないので、食べやすいといえば食べやすいですね。

辛さで咽るまでいきませんので。

 

舌もそれほどヒリヒリすることなく、旨味だけを感じることができ、辛さがちょっと苦手だけど、辛さを味わいたいというM気質の方にはお勧めです。

 

一方辛いの大好きで、辛さをめいいっぱい味わいたい方にはあんまりお勧めできませんね。

たぶん中途半端に感じることになるでしょうから。

 

およそ10分ぐらいで完食。

個人的には辛さが物足りませんでしたが、その代わり旨味を長い時間楽しむことができたのでそっちで満足しましたわ。

 

 

 

スポンサーリンク

データ

 

 

1食分(116g)あたり

 

エネルギー:536キロカロリー

炭水化物:67.0g

たん白質:9.8g

食塩相当量:3.5g

脂質:25.4g

 

パッケージから引用