【ランチ】ビーフステーキミックス定食を「やよい軒」で食べてきた感想 「牛肉は長い時間肉汁を楽しむことができる」(2018年7月)

今日はやよい軒に立ち寄りました。

そして暑い時こそ精を付けるべきという異論からこれを食べることに。

 

 

 

ビーフステーキミックス定食(990円税込み)です。

 

やよい軒
定食のお店「やよい軒」のホームページです。手づくりで豊富なメニューとゆったりくつろいで、気楽に楽しめる時間をお客様に提供します。

 

やっぱり精をつけるなら肉です。

牛肉です。

でもいろんなもんを食べたいので、エビフライやチキンステーキも入っているこちらをセレクト。

 

牛肉はミディアムレアな見た目に反して、ちょっと弾力があり、噛みきるのにちょっと力がいるかも。

 

でも弾力があるのは悪いことではありません。

弾力のおかげで長い時間口の中で肉汁を楽しむことができ、牛肉のステーキを食っているという感覚で満たされました。

 

詳しい感想は本文をご覧ください。

 

なお前回牛焼肉定食を食べた時の感想はこちらからどうぞ。

 

【ランチ】牛焼肉定食を「やよい軒」で食べてきた(2018年4月)
やよい軒の牛焼肉定食を食べた感想記事です。ニンニク風味のタレを付けて食べることでご飯が何倍でも食べることができそうなくらいご飯に合うメニューだと思います。

 

 

また本記事の画像は食べる前に一通り撮影しております。

 

ビーフステーキミックス定食を食べた感想について

 

席について、食券を従業員の方に渡し、待つこと10分ぐらい。

私の席にビーフステーキミックス定食が到着です。

 

当然ミックスということでビーフステーキだけの定食と比べて、牛肉の量は少ないですけど、それを補ってあまりあるようなエビフライとチキンステーキ。

そしてついでのナポリタン。

どれも美味しそうでね。

 

ナポリタンはケチャップで味つけしてある普通の品。

これはどこのお店でも味はほとんど変わりませんね。

 

 

チキンステーキは皮が柔らかくすぐになくなる

 

 

鉄板の右側に鎮座されるチキンステーキ。

では食べてみましょう。

まずはマヨネーズなしで1口。

口に入れて噛んだ瞬間、チキンと皮が分離して、すぐに皮が無くなる感じです。

個人的に鳥皮はパリパリにしてある方が好みですけど、このように柔らかくすぐに溶けてなくなるタイプもいいですわ。

 

ただ鳥皮と鶏肉を一体で食べたい人にはちょっと残念かも。

ほんとすぐに皮と肉が分かれて皮が無くなる感じなので。

 

 

 

エビフライは衣が少なめで予想以上にエビがデカい

 

次はエビフライに行きましょう。

他の定食屋だと、衣だけが厚く、肝心のエビが小さいということが多々ありますが、やよい軒のエビフライは身がしっかりと詰まっており、衣が薄いのが特徴

 

ぷりぷりとしたエビを堪能できます。

そして何よりタルタルソースがたっぷり掛かっているのが嬉しいですね。

 

 

エビフライで使いきれなかったタルタルソースはステーキなどに付けても美味しいですし、ご飯と一緒に食べてもそれなりにいけますw

 

 

ビーフステーキは弾力があるので長く味を楽しめました

 

ではメインのビーフステーキを食べましょう。

 

 

 

見た目はミディアムレアぐらいの焼き加減でしょうか。

牛肉は焼き過ぎると硬くなりますからね。

これぐらいの焼き具合が、肉の味と柔らかさを最大限生かせるはず。

 

まずは一口。

うん肉汁が口いっぱいに広がってジューシー感を存分に味わえます

またお肉は弾力があって噛むのにちょっと苦労するかもしれませんが、肉汁が多いので長い時間そのジューシーさを楽しむことができます

 

もしかしてそこまで考えて弾力のあるお肉を採用しているのでしょうか?

 

お肉のたれはニンニクがたっぷり効いたものがありましたが、個人的にはエビフライに付属していたタルタルソースをつけて食べた方が美味しかったです。

これは好みで意見が別れると思いますが。

 

 

終わりに

 

どのおかずもボリュームがあって、ご飯がどんどん進みます。

気付いてみたら4杯おかわりしてました。

恐るべしやよい軒。

 

まあ、定食を注文した場合、ご飯は何杯おかわりしてもいいですからね。

トンカツ屋などでは、ご飯のおかわり無料を謳っていても、店員さんに頼む必要があるので、気兼ねしてそう何杯も頼めませんからね。

 

その点、やよい軒はご飯のおかわりはセルフ方式

面倒かもしれませんが、気兼ねする必要がないのが嬉しいです。

 

今回食べたもの以外にもメニューは豊富ですので、次のランチはお近くのやよい軒で済ませるのはどうですか?