【熊本のランチ】イオンモール熊本内にある「五穀」で生姜焼き定食食べた感想(2018年3月)

最近食レポブログになっている感じがしますが、気にしない気にしない。

さて今回訪問したのはイオンモール熊本のレストラン街に店を構える「五穀」。

レストラン街でお釜で炊いたご飯と和食を売りにしているお店です。

以前1度訪問したことがあるのですが、久しぶりに利用することにしました。

五穀の入店方法と注文方法

店内に入ったら、従業員の方が人数を聞いてくるので、人数を言いましょう。

そしたら従業員の方が席に案内してくれます。

もしなかなか従業員の方が出てきない場合は、「すみません」と言ったら気付いてくれるはずです。

席についたら、お茶とおしぼりを従業員の方が持ってきてくれます。

その後はメニューを見て何を頼むか決めましょう。

3分~5分ぐらいで従業員の方が注文を聞きに来るので、その時に注文するものを伝えてください。

なおこのお店は、呼び鈴や押しボタンがありませんので、従業員の方を呼ぶ際は声を掛けることになります。

呼び方の基本は、手を挙げて「すみません」または「お願いします」と声を掛けるのが一般的です。

食べた感想

注文したらしばらく待つことになります。

この店の売りは前述したようにお釜で炊くご飯と和食料理。

お釜で炊くご飯は美味しいのですけど、注文した後に炊き始めるようなので、炊けるまで時間が掛かるのがネック。

私も20分から30分ぐらい待ちました。

その間にいろいろパシャり。

これはメニューの表表紙。

ご飯に自信があることがわかりますね。

そして横の方を見てみると、飲食店には珍しいこんなものが。

砂時計です。

どうやらご飯を美味しくするために使う模様。

詳細は後程。

ご飯が美味い

お腹もほどよく空いたころ、ようやく注文したものが運ばれてきます。

私が注文したのは「生姜焼き定食」。

たしか880円だったかな。

食欲が沸いてくるような風景ですね。

では早速生姜焼きを・・・とその前に、やっぱりこのお店自慢のご飯を先に頂くことにしましょう。

お釜オープン!!

ご飯が光ってるがな!!

このまま茶碗に移してかきこみたいところですが、ここは席の横の方に貼ってあった美味しいご飯の食べ方に従うことにしましょう。

何でもご飯をしゃもじでまぜて、蓋をして2分待つそうです。

そうさっきの砂時計はこの2分を測るために常備してあったのですよ。

でもこの2分がホント長く感じます。

先に生姜焼き食べたい。

しかしここは我慢我慢。

そして永遠にも感じた2分がようやく過ぎ去り、お釜もう一度オープン!1

さっきより光沢がなくなった感じもしますが、しっとり感が出てやわかそうですね。

すぐにお茶椀にご飯を移して、

食べる!!

おお、柔らかくてご飯の甘味がダイレクトに舌に伝わってくる感じです。

個人的には固めのご飯の方が好きですが、こんな味わいなら、柔らかめなご飯でも良いような気がしてきましたわ。

お味噌汁の感想

次はお味噌汁を飲んでみましょう。

柔らかそうなワカメが浮いてますね。

たぶんインスタントではないと思います。

味はちょっと薄めですかね。

温度は熱くもなく冷たくもなく、丁度良い温度。

個人的にはもう少し濃く目でもOKですが。

生姜焼きの感想

さあ、それではメインのおかずを食することにしましょう。

生姜焼きです。

タレがしっかりと染みており、また厚めの肉を使用しているので、十分ボリュームを楽しむことができます。

タレはしっかりと生姜の味がしますが、それほど強調されておらず、肉の味と調和が取れている感じですね。

またタレもそこまで濃くないので、あんまり喉が渇くということもないでしょう。

ただやはり生姜焼きを食べた後にご飯を食べると、ご飯の旨味が感じることができなくなりましたね。

薄めでもやはり生姜焼きのタレの味がご飯の旨味を上回ってしまうようなので。

ご飯の旨味をしっかりと味わいたい場合は、おかずに手を付ける前に、まずご飯を食べて旨味を楽しむようにしましょう。

終わりに

15分ぐらい完食。

ご飯の量が多いので、男性でも十分満腹になれるはずです。

周りの飲食店に比べても高くありませんし、十分値段の価値があると思います。

興味を持たれた方は是非訪問してください。

お店のデータ

五穀

営業時間:9:00~22:00
※9:00~11:00までドリンクタイム
ラストオーダー/21:30

電話番号:096-235-2240

料理:和食
席数:59席
タバコ:禁煙

イオンモール熊本のサイトより引用

http://kumamoto-aeonmall.com/shop/detail/83

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする