【熊本のランチ】浜ん小浦総本店で「やりいかと海老の天ぷらBランチ」を食べた感想(2019年7月再訪問)」

スポンサーリンク

 

この記事は浜ん小浦総本店でランチを食べた感想です。

一番上の記事が最新のものとなっております。

値段は訪問時のものであり、最新の値段等は浜ん小浦のサイトでご確認ください。

 

 

スポンサーリンク

やりいかと海老の天ぷらBランチをがっつり食べた感想(2019年7月訪問)

ほぼ4か月ぶりの浜ん小浦です。

食べ放題が以外でがっつり和食を食べたい時はお勧めなお店です。

 

今回訪問したのがお昼の12時ぐらい。

丁度お客さんが多い時間帯で少しばかり待ちました。

と言っても5分ぐらいですが。

 

さあ、何を食べるか物色していると目に入ってきたがこちら。

 

 

やりいかと海老の天ぷらBランチ。

お腹減っているので迷わずこれを注文です。

 

やりいかと海老の天ぷらBランチの感想 「イカが柔らかくてどんどん口の中に消えていく感じ」

 

待つこと10分あまり。

お料理が運ばれてきました。

 

やりいかと海老の天ぷらBランチ(税込み1275円)。

 

これだけのセットで1500円以下というリーズナブル価格。

もちろんランチにしては高めですけど、美味しいですからね、浜ん小浦の料理は。

十分の値段の価値はあると思います。

 

やりいかと海老の天ぷらBランチ

 

では頂きましょう。

 

まずはお味噌汁。

 

 

あげと海藻とネギが具として入ってます。

このくそ暑い中お味噌汁を飲むのは大変…と思ったら、温度がそこまで高くありません。

かと言って冷えている訳でもなく、文字通り丁度良い温度。

こういう細かい心遣いが良いのですよねこのお店は。

 

味は普通。どちらかという薄めかも。

たぶん他の料理の味付けが濃いので薄くしているのだと思います。

 

 

次はこれ。

魚のつみれを甘辛く煮たと思われるもの。

唐辛子が効いており結構ピリ辛。

ご飯がどんどん進みます。

ただ辛い物が苦手な方は用心した方がいいと思います。最初に数口は大丈夫でも、辛さが唐突に襲ってくるので。

 

 

やりいかと海老の天ぷらのBセットに付いてくるお刺身です。

 

鯛のお刺身でしょうか?

弾力はそこまでなく簡単に噛みきれます。

臭みはなく魚の旨味を存分に楽しめると思いますわ。

 

 

ごはんです。

見た目はちょっと水分足りないかなと思われるかもしれません。

しかし食べてみると丁度良い炊き加減だとわかります。

 

 

そしていよいよメイン料理。

 

やりいかと海老の天ぷら

 

盛りつけもしっかりと考えられていますね。

この飾り付け方だとエビが映えますので。

 

では食べてみましょう。

衣は薄く素材の味がダイレクトに伝わってくる感じ。

 

そしてやりいかもエビも柔らかい。

やりいかって天ぷらにすると弾力が強くて噛み切るが大変と思ってましたが。

 

たぶん素材の良さに加えて揚げる時間が適格なんでしょう。

生じゃないけど生の感じが残って口の中へどんどん消えていく。

そういう風に私は感じました。

 

結構な量がありましたが、気付いたら天ぷらが消えてましたわ。

 

 

終わりに

私のような40代のおっさんは言うに及ばず、私より若い方でもこのボリュームには満足するはずです。

ちょっと高いけど美味しい和食をお腹いっぱい食べたい時、この浜ん小浦はお勧めです。

 

極上みやび鯛の味噌煮込みハンバーグランチの感想(2019年3月訪問)

 

久しぶりに健軍に行く用事があり、浜ん小浦でランチ食べてきました。私がこのお店を訪問するは数年ぶり。

前きた時は、まだマルセイ会館の建物をそのまま使っている時だったのですよね。しばらく来ない間に綺麗になってましたわ。

 

浜ん小浦総本店の画像

 

駐車場は建物の下と道を挟んだ反対側にもあり、全部で60台収容できるようです。私は平日の12時頃訪問したのですが、画像のように駐車している車は少なく、店内もほどほどのお客さんでした。

 

混んでいる訳ではないけど、少なすぎることもない。ゆっくりランチするには丁度良いお客さんの数でしたわ。

多いとゆっくりできないし、少ないとお喋りして周りに迷惑かけないようにしなければいけませんので。

 

入店して待っていると従業員さんが人数を聞いてくるので、人数を言えば従業員さんが席まで案内してくれます。

 

浜ん小浦のランチはバリエーション豊富

 

浜ん小浦はたくさんの支店がありますが、ランチのメニューを統一されており、基本はメイン料理+オプションとなっています。

 

  • Aセット:メイン料理とごはん
  • Bセット:A+お刺身
  • Cセット:A+天ぷら
  • Dセット:A+荒炊きor刺身or天ぷらのうち2種類(メイン料理で異なる)

 

一番安いAセットが780円(消費税別)からで、一番高いものでも1600円弱(消費税別)。

ランチにしてはちょっとお高めですが、美味しいものばかりなのでだいぶんお得だと思います。

 

メニュー

 

※値段は訪問時(2019年3月)のものであり、値段が上下している場合があるのでご注意ください。

 

極上みやび鯛の味噌煮込みハンバーグランチの感想 「魚の味がダイレクト」

 

私は迷った末に「極上みやび鯛の味噌煮込みハンバーグランチ」のCセット(天ぷら付)をセレクト(1180円税抜き)。

注文してやってくるのを待ちます。

 

そして時間にして10分ぐらいで到着です。

 

極上みやび鯛の味噌煮込みハンバーグランチ

 

 

メニューの画像よりハンバーグが白い感じがしますが、美味しそうな感じには違いがありません。

ではメインのハンバーグを食べてましょう。

 

極上みやび鯛の味噌煮込みハンバーグ

 

見た目は小ふりのハンバーグですが、味は魚そのもの。まさに魚の風味がダイレクトに飛び込んできます。

鯛の身を使っているので、たんぱくな味かと思いましたが、味噌の味と絡まり案外濃い味になってます。

 

身はつみれのようなすり身ではなく、身を崩して固めている感じ。鯛ごはんの鯛を思い浮かべればいいかも。魚の身の弾力も残っており、歯ごたえは普通に魚を食べている感じです。

 

魚が好きな人だと楽しめますが、お子さんが普通のハンバーグだと思って頼むときっと後悔するでしょうから、お子さんが間違って頼まないよう注意しましょう。

 

 

では他のものを食べてみます。

酢の物

 

きゅうりとワカメの酢の物です。

見た目通りの味でした。昔からきゅうりと酢の組み合わせが嫌いだったので、私にはイマイチでしたわ。

 

 

天ぷら

 

オプションの天ぷらです。

衣よりも身が厚かったので、そのまま食べると素材の味が十分堪能できました。

衣もサクサクで天つゆにつけて食べるとしっとりに変化。これも美味でしたわ。

 

 

終わりに

 

量も多く、大人の男性でもお腹いっぱいになれると思います。前述したようにランチにしては高めの値段設定ですが、味と量どちらも満足できるはず。

 

健軍や光の森や嘉島などにお店があるので、ちょっと豪華なランチを食べたい時はぜひ。

 

 

お腹いっぱい食べたいという方は、この浜ん小浦総本店から近いところにナチュラがあります。個人的にはそちらもお勧めです。

【熊本の食べ放題】ナチュラで新メニューを満喫した件(2019年4月)

 

まあ、浜ん小浦のランチでもほとんどの方がお腹いっぱいになると思いますけどね。