【くら寿司】コク旨冷やし担々麺を食べた感想(2018年5月)

今日は久しぶりにくら寿司光の森店を訪問し、「コク旨冷やし担々麺」を食べてきました。

食べた感想は「そこまで辛くないけど、食べ終わった後にほんのり辛みが残る」感じですね。

詳しくは本文の該当箇所をご覧ください。

 

今日のくら寿司は混んでた

いつもは道を挟んで反対側にあるスシローの方がお客さんが多いのですけど、なぜか今日はくら寿司の方が込んでいました。

 

平日にこんなに込んでいたのは久しぶりです。

おそらくですが昨日は熊本市や菊池郡などの小学校に運動会が開催されて、その代休となったために子ずれのお客さんが大勢くら寿司に来たのだと思います。

 

くら寿司には子供を引き付ける「びっくらポン」がありますからね。

寿司の皿5枚毎に一回チャレンジできるびっくらぽんは、チャレンジに成功するとガチャが1つ貰える仕組み。

チャレンジ時事態は自動で行われるので、子供たちは何かできる訳ではありませんけど、やっぱり成功すればガチャを1つゲットできるのから関心が高いのでしょう。

 

個人的な感想を書けば、5回に1回ぐらいの割り合いで成功する感じですね。

 

 

何とか座席に座ることができて、お目当てのコク旨久担々麺を注文です。

 

 

冷やし担々麺を食べた感想は「あんまり辛くない」

 

待つこと15分あまり。

ようやくうちの席にお目当てのものが到着しました。

 

 

 

 

前述したように今日は混みあっており、注文モニターには、商品のお待ち時間が10分と出ていましたからね。

少し遅くなっても仕方ありません。

 

実際のところ、もうちょっと時間が掛かるだろうと思ってたので、予想より早く来てラッキーと思いましたわ。

 

 

では早速食べてみましょう。

ごちゃまぜにしたいところですが、それだと個々の味がわからないの別個に食べていきます。

 

まずは肉みそ。

見るからに辛そうな色をしています。

一口食べると予想通り舌に辛みが反応しますが、想定内の辛さ。

というか、見た目ほどの辛さはありません。

ちょっと拍子抜けです。

 

次に野菜(きゅうりと三つ葉?)を汁に浸して食べますが、こちらも辛さ抑えめというか、あんまり辛いという感覚がしませんでした。

 

最後に麺を食べてみます。

ゴマが掛かっていると掛かっていないところはゴマの風味以外違いなし。

 

 

う~ん、別個に食べた感じでは、辛さはイマイチという感触でしょうか。

 

では混ぜて食べてみましょう。

 

混ぜて食べると肉みそと汁が混ざり合い、先ほどよりは辛さを感じるようになりますが、ペヤングの辛い焼きそばなどを食べている私としてはやっぱり満足できませんね。

 

ただ辛さ以外の点では十分合格点です。

肉みそと汁を混ぜると味に深みが出て、さらにゴマの風味が心地いいです。

食欲を十分刺激する味になると言えばいいでしょうか。

 

あとは卵が半熟ならば、麺と絡み合ってさらに美味しいでしょうけど、食品衛生上困難なんでしょうね。

 

食べ始めてから3分程度で完食。

そして食べ終わった後、時間差を付けて辛みがやってきました。

さきほどよりは十分辛いと感じることができたと思います。

 

 

終わりに

担々麺という名前の割にはあんまり辛くなかったと思いますが、混ぜて食べると味が深くなって満足できると思います。

興味がある方はお近くのくら寿司の店舗を訪問し、注文してください。

 

一応あんまり辛くないと書きましたが、あくまで私の主観です。

その点はご注意ください。